iPhoneの充電が出来ないのはなぜ??

成田、富里、公津の杜、酒々井のお住いの皆様こんにちは!!

iPhone修理のダイワンテレコム成田店です!!

いつもブログ読んでいただきありがとうございます!!

 

iPhoneの充電不良状態は様々な状態によって

充電が出来なくなってしまっているという状態があります。

例えば充電口がダメになっているのではなく、

ライトニングケーブルが壊れてしまっていて充電が出来ない状態や

充電口に異物が混入していて奥まで挿し込めないという状態などなど…。

状態によって修理をするのか、修理をせずとも直るということがあります!

iPhoneの状態にもよるのでお持ち込みいただくことにはなってしまいますが、

持ってこられる前にも確認出来ることもあります。

 

①充電ケーブルが奥まで挿し込めない

まず、iPhoneの充電ケーブル(ライトニングケーブル)ですが、

これは充電口に挿しこむことで充電ができます。

その挿し込んだ時に"カチッ"という音が鳴ることはご存知でしょうか?

この音が鳴っている状態であればしっかりと挿し込みが出来ている状態です。

奥まで挿し込みが出来ていない時はこの音が出ない、

または壊れてしまっていて挿してもすぐに取れてしまうといった状態になっているわけですね。

 

iPhoneをポケットによくお入れされている方も多いかと思いますが、

こういった時に充電口にホコリが入ってしまうことがあります。

ホコリが入っている状態で充電をする→またポケットに入れるといった状態を

何回も繰り返すと充電口にホコリがどんどんと溜まってしまいます。

そうなると…奥までしっかりと挿し込みが出来ない状態になってしまうわけです。

こういった状態であればクリーニングをすることにより取り除くことが出来ます。

取り除き、問題なく充電が出来るのであれば修理交換をせずとも復旧ができます。

 

ただ、例外もございます。

ホコリであればクリーニングで復旧できますが、ホコリ以外の異物が入り込み、

取り出しが出来ないという場合は修理交換の流れになってしまいます。

ポケットによくお入れしているのであればホコリ以外のゴミがあれば

取り出しをしていることをオススメします。

 

②ライトニングケーブルを挿しても反応がない

ライトニングケーブルを挿しても充電マークが出ないという時は

【ライトニングケーブルがダメになってしまっている】または

【充電口の端子が壊れてしまっている】のどちらかになります。

こういった状態ですとなかなか見極めが難しいですよね。

ご自宅にあるライトニングケーブルが2本以上あるのであれば

一度別のライトニングケーブルで充電を試してみてください。

もしそれで充電ができたのであればライトニングケーブル自体が

ダメになってしまっていた状態なので新しいものを買われるのが良いですね。

 

別のライトニングケーブルを使っても充電がされない場合は

コネクタ部分が壊れてしまっている可能性があります。

コネクタ部分は端子が取れてしまっている状態や水濡れなどによる損傷などなど…

精密機器なのでどうしても壊れてしまうケースはあります。

そういった時はコネクタ部分の交換修理をすることにより再度使えるような状態になります。

 

コネクタ交換修理は当日最短で約60分~といった修理時間をいただいております。

iPhone7/7PlusやiPhone8/8Plusは修理工程に時間が掛かるようになってしまっている為、

1時間半~といった修理時間をいただいております。

修理にお時間が掛かる為、直接ご来店でも大丈夫ですが

ご予約やお電話にてお問い合わせをお願いしております。

現在の込み合い状況や修理にかかるお時間のお伝えもさせていただきます!

 

コネクタ部分が壊れてしまっていると充電が出来ないので

iPhoneのバッテリーがどんどんなくなってしまう状況です。

修理交換をすることで復旧することが多い修理内容でもありますので

お気軽にお越しくださいませ!

 

iPhoneでなにか些細な事でも構いません!

お困りの際はお気軽にダイワンテレコム成田店へ

ご相談のみのご来店も大歓迎です♪

ご予約やお電話でのご相談も承っております!

 

iPhone修理のダイワンテレコム成田店

この記事を書いた店舗情報

成田店

286-0029
千葉県成田市ウイング土屋24

070-1595-6404

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中