iPhoneの画面が割れたのに修理しないとどうなる?

iPhoneの画面がバッキバキ。なのに使い続けてる方もいらっしゃいますよね。

でもそのまま使い続けたらどうなるか。。

こわいですよ~

というわけで今回はiPhoneの画面を割れたまま使用するとどうなるか解説していきますので

是非画面が割れたまま使用している方は見てみてくださいね。

 

指を怪我する。

iPhoneの画面が割れているのに使用を続けていると指を怪我する可能性があります。

画面の上部はガラスで出来ており、割れた画面を触るという事は割れたグラスやお皿を触るのと同じこと。

下手をすれば指にけがをしたり、こまかい破片が指に入り込んだりしてしまいます。

水没するようになる。

7以降は水没機能がついています。水没を防ぐ主な理由はみっちみちに画面と本体がつながっているからです。

しかし画面が割れていたら関係ナッシング

割れている隙間からどんどん水分は中に入っていき、水没する可能性が高いです。

水没機能がついていない機種も軽い雨ぐらいなら防いでくれますが

割れていれば水没機能のありなしにかかわらず水没しやすくなります。

画面が映らなくなる。

パネルのガラス部分が割れていると液晶部分もそのままの勢いでダメになる可能性があり、

少し強く押しただけでも液晶漏れを起こしてしまいます。

また、本体の基盤などに傷がついてしまうといくら修理しても再起不能な状態に。。

なんてこともありえます。

データが消えてしまう。

大切な写真データなども基盤が破損してしまえばパーです。

iPhone内部にあるデータの吸出しには画面のロック解除をしなくてはならないため

画面が映らないだけでもデータを吸い出すことができなくなることもあります。

まとめ

iPhoneを割れたまま使用していると様々なデメリットがあることがわかりましたね。

水没、基盤破損、データ損失、液晶漏れなど様々な不具合が発生します。

最悪バッテリーが爆発。なんてことも十分にありえますので買い替えの予定がない方は

急いで修理を行いましょう。

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-0904
栃木県宇都宮市陽東6丁目2-1 ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中