iPhone基盤故障⁈

iPhoneの基盤故障の発生率は、使用3年目から上昇傾向

故障原因トップは「自然に」

 

iPhoneの基板修理サービスを提供するFIREBIRDは、

同社のデータベースを基に、アイフォンの故障原因を

まとめた分析結果を公表しました。

 

基盤故障の発生率は使用3年目から上昇傾向

同社に修理依頼があったiPhoneのうち、

半数以上は発売から3年以上経過した機種となっている。

以下は機種別にまとめたものです。

 

1位:iPhone8:発売から3年経過

2位:iPhone7:発売から4年経過

3位:iPhoneX:発売から3年経過

4位:iPhoneXS:発売から2年経過

5位:iPhone6s:発売から5年経過

 

基盤故障原因トップは「自然に」

もっとも多かった原因は、自然にで、ついで「水没」

、「落下」、「その他」となりました。

 

「自然に故障した」と回答した人たちは、「就寝中に充電器に挿しっぱなしにしていると

朝起きたら起動しなくなっていた」

「アプリ使用中に突然画面が消えて以降、全く起動しない」といった症状がおきていました。

 

「自然に故障した」と回答した人達には、

以下のような誤った充電習慣がみられた。

 

・充電ケーブルやアダプタ部品等が劣化した状態で使用を続けている

・MFI認証製品でない充電アダプタを使用し続けている

・充電しながら長時間使用を繰り返す

 

日頃から基盤に負荷を与えないような使用を心掛けましょう。

そうすれば、iPhoneをより長く使い続けることができるかもしれません。

 

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中