iPhoneの「耐水性能」が表す本当の意味

具体的にAppleは、iphoneは「最大水深1~4M(モデルによって

変動)で最大30分間」の耐水性があると謳っていたそうです。

 

ですが、耐水性の数値を決める試験は、現実的な設定の下で

はなく研究所で行われ、きれいな水を使用したので試験で問題

がなかったというのです。

 

私たちがiPhoneを水没させてしまう状況は、そのようなきれいな

水である可能性が低く、水には汚れやべたつき、沈殿物、

その他液体など、何かが含まれている可能性があります。

 

また、アイフォンを水に浸したときに、そのしたの床にあたったり、

他の物体にぶつかる可能性もあります。

 

なので、耐水試験が現実世界を正確に反映しているとは言い

がたいかもしれません。

 

耐水性に関する半ば人工的な数値を満たすよう設計されていて

、イタリアはそれはぼうすいではないと指摘しており、Appleは

この事実に関して十分に明らかにしていません。

 

今公表されているiPhoneの「耐水性」

最新のiPhone 12の「IP68」という数字は、電気機械の

筐体が埃や水の侵入をどの程度防げるかを表しています。

固体の場合は6、液体の場合は8と評価したものです。

 

固体:粉末状の物が詰まった状態。粉末状のものが侵入

せず、接触に対して完全に保護されている。

液体:1Mを超える浸水。メーカーが指定する条件下で、

継続した浸水に適した機材である。通常、これは機材が

密閉されていることを意味する。

 

ただし、特定のタイプ機材の場合、水は侵入しているが、

有害な影響を及ぼさない状態なだけという可能性がある。

これが現実世界で意味することは、運と環境的な条件が

さらに入ってくることになります。

インフルエンサーが真新しいiPhoneをあらゆる種類の水に

つけて、実験している動画がたくさんあります。

 

水が理由でiPhoneの保証が効かないことも

耐水性のあるiPhoneが水に濡れた場合、iPhone自体

は恐らく大丈夫でしょう。

 

iPhoneに水をこぼしてしまったり、水たまりや、浅いプール

に落としてしまったとしても、すぐふけば多分大丈夫です。

 

iPhoneを水没させてしまって、その時は無事でも後で

何らかの問題が起こった場合、iPhoneに水没反応が

ででいたら、Appleで保証内での修理は難しいかもしれ

ません。

 

Appleは液体がデバイスに侵入した場合は保証は無効

とすることwp名言せずに、iPhoneは耐水性があると

明示しました。

 

このことによって、液体が侵入したとしたら製造側の問題

のはずだから、液体のせいでデバイスが損傷したら修理

してくれるものだと、iPhone12の所有者に間違った思い

込みをさせてしまっています。

 

iPhoneに水没反応が出てしまい、たとえ問題がなくても

、Appleの修理保証を受けるのは非常に難しくなります。

 

耐水性能によって、濡れてもiPhoneがダメにならないか

もしれませんが、iPhoneを濡らさないように注意しましょう。

 

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-0904
栃木県宇都宮市陽東6丁目2-1 ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中