【iPhoneXS】水没の修理の端末の状態と工程について

皆さんこんにちは!

ダイワンテレコム金沢店です(*^^)v

本日もブログを閲覧いただきまして、

誠にありがとうございます!

本日はiPhoneXSの水没

修理依頼がありましたので、

端末の状態と修理の工程について

ご紹介いたします!

端末の状態について

ではまず端末の状態から

見ていきたいと思います!

 

お客様に端末の状態をお伺いした所、

『3日前にトイレの中に落としてしまった』

との事でした(´;ω;`)

 

その際は動いていたけれど、

『すぐに電源を落としました』

とおっしゃっていました…!

 

水没修理の際は、

水分がしっかり蒸発した状態でないと、

バッテリーがショートしてしまう事もあるので

扱う際には注意が必要です⚠

 

実際にiPhoneを開けてみると、

バッテリーや基盤だけではなく、

その下の端末の奥底まで

がっつり水が浸透していました。

 

ここまで水没が激しい場合は、

端末の取り付けられている

基盤、バッテリー、スピーカーなどを

取り外し対処します。

 

修理の工程について

では修理の工程について

見ていきたいと思います★

 

まずいつものように液晶パネルと、

端末の機器を分離します。

開けている際に水分がある場合は、

綿棒などで水分を取り除きながら

液晶パネルと端末を切り離します。

 

取り外すことができました★

 

 スピーカーやバイブレーションを

取り除きます。

 

バッテリーと端末の間に、

粘着テープがくっついているので、

テープを引っ張り出し

バッテリーを取り外します。

 

基盤やSIMカード、

フロントカメラ、リアカメラ

取り除けば本体の大体の部品は、

取り除くことができました!

これで約3時間~6時間程乾かします★

 

 

乾かす作業が完了したら、

部品をあるべき場所に戻して、

液晶パネルと端末を戻せば完了です★

本日のブログはこれで以上になります!

 

この記事を書いた店舗情報

金沢店

〒920-0997
石川県金沢市竪町エスヤビル1F

050-4560-0070

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中