iPhone VS ウイルス| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhone VS ウイルス

[2017/08/06]

 iPhoneはウイルスに感染しないと言われていました。

ですが近年はiPhoneの感染ウイルスも出始めています。

ウイルスはPCのMacやWindowsに感染し、ウイルスに感染したMacにUSBでiPhoneやiPadが接続すると、接続したiPhone/iPadもウイルスに感染することもあるようです。

ですので、既に多くのユーザーが感染しているのではないかと言っている方もいます。

 

また「スク攻撃」があり、

メールなどでユーザーにウイルス感染アプリを送り、

サイトにクリックすると、

アプリのインストールの有無が出てきてインストールしてしまうとウイルスに感染し、

正規のアプリが感染アプリになってしまうそうです。

感染した本人はこのウイルスに気が付くことはほとんどなく、感染したアプリは正常機能しウイルス自体も暗号化され活動するので感染してもわからないようです。

ですが、感染してしまうと感染しているiPhoneのIOSの情報がウイルスを作った者にわかってしまうのです。

具体的には、電話帳、画像などの写真類、ネットショップで購入時に使用したクレジット情報etc…

ほぼすべての情報が流出してしまようです。

広告が勝手に表示されたり、覚えのないアプリがあったり…などありましたら気を付けたほうが良いかもしれませんね。

今現在まではiPhoneのウイルスに関しては大きなニュースなどは出ていませんので他のandroid系よりも安全なのは間違いないでが、まったくないわけではないので注意は必要です。

IOSにはセキュリティアプリがほとんどありません、またIOSはウイルスに感染しにくいことを売りの一つにしており、Appleは「IOSはウイルスに感染しない」と断言しています。

これはIOSが情報を公開していないために、他社ではセキュリティアプリを作ることが出来ないのと、Appleがセキュリティアプリの申請を許可していないようですね。

IOS版ウイルスバスターなどは全て間違いのようですのでくれぐれもインストールなどしないようにしましょう。

ですが、世界中にはIOSウイルスは存在しています。

ほとんどの感染原因はPCからの感染や怪しいメールをクリックした、インストールしてしまった、とIOS使用者側からウイルスに感染しにいってしまいます。

またそれを誘導するようなメール内容だったり、お得なアプリに見えたりするようになっていますので、もしご自身で覚えのないアプリやメールがあった時には一度しっかり見直してわからない時は削除するかそのままにしとくほうが良いと思います。

横浜青葉台店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ