iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhoneの水没修理の前に!

[2017/10/16]

おはようございます!ダイワンテレコム姫路店の川治です(^_-)-☆
昨日から引き続き本日も雨模様ですね。
ここ数日まだまだ雨が続くようで憂鬱になります…。
雨も相まって本格的に肌寒くなってきましたね!
朝晩もそうですが昼間も秋物のアウターが必要になってきました。

ここまで寒くなってくるとそろそろ湯船のシーズンに入ってきたのかな…と思います。
iPhoneの防水ケースがあるので長湯をしながらiPhoneをお風呂に持っていかれている方もいるのではないでしょうか?
長湯中のiPhoneの水没にはご注意ください…!

iPhoneの水没の時期は夏場も多いですが、意外と冬場も多いんですよ!

防水ケースに入れていても実は防水ケースに穴が開いていたりします…。
防水ケースにお入れしているのであれば穴が開いていたりしなければ大丈夫ですが、そのままの状態でiPhoneを持って入られる方もおられます…。

この状態ですと、湯気がiPhoneの中に入りジワリジワリと中の基盤が錆びてしまったりする場合も…。

急にiPhoneが起動できなくなってしまうこともございます!

ですので、せめて防水ケースをお付けになってからご入浴ください…!

さて、iPhoneが水没してしまいますと焦りますよね…。
電源がつかないと尚の事焦ります…。

水没修理にお持ち込みに来られる方に聞いておりますと、ここで知らず知らずのうちに水没時のNG行動をされている場合が多いのです。

NG行動とは…
水没後、電源をつける
水没後、充電をする
水没後、ドライヤーなどで乾かす
水没後、iPhoneの中に入った水を抜こうと振る
以上がNG行動となります。

この中でよく聞くのは水没後、【電源をつけてしまった・充電をした】という点です。
充電をさせて復活するのを見てみたり、電源がつくのかと思って起動されるパターンが多いですね。

何故してはダメなのかと言いますと、本来であれば通電しないところにまで中に入ってしまった水が原因で通電してしまいショートを起こしてしまうからです!
ショートが起きてしまうと起動出来たはずが出来なくなってしまう可能性が高いからです。
ドライヤーなどで乾かすのも同じ状態なのでショートを起こす場合があります。

iPhoneを振ってはいけない理由と致しましては、iPhoneのパネルは密閉されておりますので入ってしまった水は振ったとしても全部は抜けきりません。
自然乾燥をさせた場合でも密閉空間なのですぐには乾きません。

パネルを開けて水分をしっかりと取り、乾燥させなければいけないのです!

iPhoneが水没してしまったら、まずは落ち着いて以下の点をしてから修理にお持ち込みください!

水没後、電源がいれない(電源が入っていたらOFFにする)
水没後、充電をしない
水没後、ドライヤーなどで乾かさない

以上の点を守っていただいたうえで、iPhoneの表面の水を拭いていただきジップロックなどの袋に乾燥剤と一緒に入れてお持ち込みください!

水没後12時間以内でありますと復旧確率が80%ほどで復活します!
既にショートを起こしていたり、不具合が起きている可能性もあるので確実に復旧するというわけではございません。
ですが、中のデータが戻ってくる可能性があるので修理にご来店いただければと思います!

水没時の修理費用は6,800円(税別)~となります。
※6,800円(税別)が水没修理代金となり、修理後にパーツに不具合があるなどで交換するとなると6,800円+となります。

他の修理に関してはお客様にご確認をさせていただいてからとなりますのでご確認いただければと思います!

水没時にかかる修理時間ですが、乾燥をさせていただくお時間もありますので3時間ほど頂戴いたします!

iPhoneが水没してしまった時はまずは落ち着いてから行動をしてください!
焦ってしまってNG行動をしてしまうと復旧しなくなってしまいますよ!

iPhoneの修理でお困りの際は、ぜひダイワンテレコム姫路店までお越しくださいませ!
無料相談も承っております!

姫路店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証