iPhone5/5cのサポートが近いうちに終了の可能性があるかもしれません。| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhone5/5cのサポートが近いうちに終了の可能性があるかもしれません。

[2017/04/03]

おはようございます!ダイワンテレコム姫路店の川治です!
iOS10.3がリリースされ、数日が経ちましたね。
その中でiOS10.3.2ベータ版がリリースされました。
その内容を見ていると気になる点が…iPhone5や第四世代iPadの復元ファイルが提供されていないことがわかりました。

これらの製品は32ビットデバイスなんです。
ということは32ビットデバイスのサポートをAppleが近いうちに終了するのではないか、という観測が浮上しているんですよね。

すでにデベロッパー版、パブリックベータ版の両方がリリースされているiOS10.3.2なんですが、32ビットデバイス向けの復元ファイルが用意されていないことが分かりました。
このファイルがないと、ユーザーはアップグレードやダウングレードを自由に行えないんですよね…。

iPhone5、iPhone5c、第4世代iPadは、CPUとしてA6チップを搭載しております。
このA6チップですが…32ビットアーキテクチャを用いております。
なのでiPhone5s(A7)以降の64ビットとは処理効率が異なるんです。
今回対象外となったiOS端末は、どれもこの32ビットデバイスにあたるんです。

先日リリースされたiOS10.3では、これら32ビットデバイス向けの復元ファイルは用意されておりますが、32ビットアプリを起動する際、iPhoneの動作に影響を及ぼすという警告が表示されるようになっているんですよね。
この点からして、すでに64ビットに向けての舵切りが始まっております。

ただ、これまでiOSでデバイスのサポートを終了する際は、大型アップデート時に限られております。
なので、それをふまえると正式な終了はiOS11になるのではないか…とする見方も出ております。
このiOS11気になる発表は6月5日に開催されるWWDCが予定されています。

そうなってしまうとiPhone5/5cと第四世代iPadではアップデートも出来なくなり使い勝手が悪くなってしまいそうですね…。
iPhoneですと音楽プレーヤーとしての使い道もありますが、iPadだと使い方が難しくなってきますね…。
そうなる前に5sよりも上のiPhoneや第四世代よりも上のiPadをご利用されるのが一番良いかもしれませんね。

姫路店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ