【iPhone8/7s/7s Plus】の3モデルともメモリは3GB?高速充電にも対応か?| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

【iPhone8/7s/7s Plus】の3モデルともメモリは3GB?高速充電にも対応か?

[2017/04/14]

おはようございます!ダイワンテレコム姫路店の川治です!
今年発売が予定の【iPhone8/7s/7sPlus】の情報が出ていたのでご紹介していきます。

【iPhone8】【iPhone7s」【iPhone7s Plus】の3モデルとも、メモリ容量が3GBになり、高速充電に対応するのではないかとの予測が発表されております。

今秋のiPhoneですが、5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した【iPhone8】、現行モデルの性能向上版となる4.7インチの【iPhone7s】、5.5インチの【iPhone7s Plus】の3モデルが発売されると見込まれております。

最近ですが、【iPhone8】はディスプレイ内蔵の指紋センサーの歩留まり率が低いということがわかりました。

その結果、発売時期が遅れるのではとの予測を発表したCowen and Companyのアナリスト、ティモシー・アーキュリー氏ですが、3モデルとも3GBのメモリを搭載する、というレポートを発表しているとMacRumorsが報じております。
現行の5.5インチモデルiPhone7 Plusには3GBメモリが搭載されております。
この予測どおりであれば、iPhone7のメモリが増量されることとなりますね!

アーキュリー氏は、メモリ容量以外の特徴についても以下のように述べています。

ストレージ容量は【iPhone8】には64GBと256GBの2種類、【iPhone7s】【iPhone7s Plus】には現行モデルと同じ32GB、128GB、258GBの3種類が用意される。
3モデルとも、Lightning端子のまま、USB Type C規格の高速給電に対応する。
【iPhone8】は2つのバッテリーパックを搭載し大容量化がされ、バッテリー持続時間が延びる。
という特徴とのことです。

【iPhone8】のバッテリー容量拡大についてですが、Apple関係の情報の確かさで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、基盤を高密度化し余裕の出たスペースにバッテリーが配置され、2,700mAhの容量が実現されるのではないかとアーキュリー氏に近い予測を発表しています。

一方で今回の予測と反する情報も発表されております。

TrendForceが2月に3GBのメモリを搭載するのは【iPhone8】と【iPhone7s Plus】のみで【iPhone7s】には2GBメモリが搭載されるのではないかとの予測を発表しているほか、Wall Street Journalは、iPhoneのLightningコネクターがUSB Type C端子に置き換えられるのではないかと報じています。

3モデルとも3GBのメモリになると端末性能がアップするので期待したいところではありますね。
まだまだ先のお話ですが気になるところです!

姫路店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ