水没したiPhoneはとても危険!| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

水没したiPhoneはとても危険!

[2017/04/21]

水没してしまい電源が入らなくなってしまったというお客様がいらっしゃる事があります。

当店では「最近iPhoneのバックアップを取っているかどうか」を必ず確認します。

 

なぜかというと、

水没したiPhoneに行う水没修理(全分解・内部クリーニング)は、【電源が入らないiPhoneをバックアップが取れるくらいにまで復旧させるのが目的】だからです。

 

 

一度水没したiPhoneは内部クリーニングを行う行わないに関わらず、「復旧して電源が入るようになっても、すぐに壊れてしまう可能性が非常に高い」のです。

これは、内部クリーニングを実施しても、クリーニングしきれない部品の内部に水分やサビが残ってしまい、時間が経つにつれて腐食が進み、iPhoneが壊れてしまう…というのが原因です。

 

実際に当店で受付したお客様で、電源が入るようになってお返しした後、2日後に再び電源が入らなくなってしまった事がありました…

 

 

 

水没修理の目的は【電源が入らないiPhoneをバックアップが取れるくらいにまで復旧させる事】なので、つい最近バックアップを取っている場合には、あまり意味がありません。

バックアップが取れている場合は

「水没修理を行い、電源が入るようになってもまたすぐに壊れてしまう可能性が高いので、水没していないiPhoneに買換えをするなどして、バックアップからデータを復元する方が良いですよ」

と説明をいたします。

 

「水没してしまい、今の所は使えているが、心配だから診て欲しい」というお客様がいらっしゃった時も上記の内容をお伝えし、

「毎日バックアップを取るようにして使って頂き、iPhoneが使えなくなってしまったら新しいiPhoneに買換えすると良いですよ」

とご案内します。

時間とお金をかけて使えるようになっても、いつ壊れてもおかしくない状態では安心できませんからね。

 

 

水没して電源が入らず、バックアップも久しく取っていない…大事なデータがiPhoneの中にある…という場合は、水没修理を受付、もしくはデータ復旧・復元サービスの受付をさせて頂きます。

特に、データ復旧・復元サービスでは、他修理店でデータの取り出しが出来なかったiPhoneについて、当店でデータの取り出しが出来た実績が多数ございます!

「大事なデータをなんとか取り出したい」という場合は当店にご相談下さい!

 

■水没修理について

https://www.iphone-d.jp/menu/data_recovery/index.php

 

■データ復旧・復元サービス

https://www.iphone-d.jp/menu/iphone_data_recovery/index.php

 

■データ復旧・復元サービス事例

https://www.iphone-d.jp/menu/iphone_data_recovery/case.php

池袋東口店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ