iPhone11 Proと初代iの比較動画が話題〜大きさは約1.7倍

[2019/11/11]

iPhone11 Proは他の高性能スマートフォンと比較される機会が多いですが、YouTuberのMKBHD氏が比較対象としたのは、意外にも2007年に登場した初代iPhoneでした。今回MKBHD氏が投稿したこの動画では、iPhone11 Proと初代iPhoneの外観からカメラ性能の比較まで、細かく解説されています。一つ一つの違いを見ると、12年間でiPhoneがどれだけの進化を遂げたか実感できます。

 

ディスプレイは約1.7倍の大きさに

はじめに補足情報として、この動画に出てくる初代iPhoneは、通信方式の関係で日本では販売されていません。ですが、ディスプレイの大きさや解像度は、日本に初上陸したiPhoneであるiPhone 3G/3GSと同じです。

 

さて、初代iPhoneとiPhone11 Proを並べてみるとサイズの違いは一目瞭然です。それもそのはず、iPhone11 Proのディスプレイが5.8インチであるのに対し、初代iPhoneのディスプレイは3.5インチです。

 

iPhoneのディスプレイは、確かに少しずつ大きくなっていきましたが、12年でこれほどサイズが変わっていたとは驚きです。

ディスプレイの解像度

初代iPhoneの解像度は320×480ピクセル、iPhone11 Proは2,436×1,125ピクセルです。 

数値の違いもさることながら、実際に見てみるとRetinaディスプレイがいかに綺麗か実感出来ます。

 

充電コネクタとイヤホンジャック

初代iPhoneには、本体上にイヤホンジャックがあります。 

イヤホンジャックはiPhone7で廃止されたので、iPhone11 Proにはありません。

充電コネクタの形も大きく変わっています。 

初代iPhoneの充電には、Lightningコネクタよりも幅広い形をした30ピンDockが使われていました。

 

カメラ性能の比較で分かるiPhoneの進化

動画の後半に取り上げられているのは、カメラ性能の違いです。 

初代iPhoneにはインカメラがなく、200万画素の小さな背面カメラがついているだけで、フラッシュや動画撮影機能もありません。 

それでも良い環境が整っていれば、比較的綺麗な写真の撮影が可能と言えます。 

しかし、暗い場所や動く被写体といった厳しい条件でも、高性能のカメラに引けを取らない美しい写真が撮影できるiPhone11 Proに、Appleが12年間積み重ねてきたiPhoneの進化が見て取れます。

 

source: MKBHD/YouTube

source:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

自由が丘店

152-0035
東京都目黒区自由が丘1丁目28−8デパート B1F

03-6421-1285

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中