iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iOS12、リリース後70日でシェア75%到達

[2018/12/07]

iPhone修理のダイワンテレコム松戸店です。

米調査会社Mixpanelの継続的な統計によれば、iOS12は、リリースからちょうど70日目の11月28日でシェア75%に到達しました。

 

同社が公表している、iOS各バージョンのシェアの推移を見ると、順調にiOS12のシェアが拡大している事が分かります。

 

非常に早いペースでシェアを拡大している

こちらは、Mixpanelの統計による10月25日現在でのiOS11とiOS12のシェアの推移です。

 

iOS12のシェアの推移は、リリース後17日でiOS11とのシェアを逆転、19日目の10月6日には50%に到達、さらに11月11日には70%に到達、リリース後60日ではシェア72%超に至っていました。

 

これは、リリースの翌年1月になってから60%を超えたiOS11と比較すると、iOS12が非常に早いペースでiPhoneユーザーに浸透している事を物語っています。

 

iPhone 5sまでカバーしたiOS12

iOS11は、バグや不具合の発生が多かったという印象で、2017年12月2日にiOS11.2、2018年3月29日にiOS11.3と次々にアップデートが繰り返されました。

 

報告された主な問題点は以下の通りです(発生順ではありません)。

・バッテリーの減りが早い

・アプリの起動が遅くなる

・Safariのブックマークが消えてしまう

・SafariのJavaScriptが勝手にOFFになる

・Wi-FiとBluetoothをOFFにできない

・電卓で正しく計算できない

・通話中に音声が割れる

 

これに対してiOS12は、目立った機能追加はなく地味な印象ですが、端末の動作速度の向上をWEBページのTOPでアピールする等、動作改善に主眼が置かれています。

カバーする端末も、iPhone 5sまでを対象とした事で、多くの旧端末オーナーが動作完全を求めてインストールしたものと想像できます。

 

もちろん、iOS12でも不具合の報告はあります。

・バッテリーの減りが早い

・一部端末で、Wi-Fiに接続できない、突然途切れる

・一部端末で、モバイルデータ通信に不具合

・設定アプリがフリーズする

・マップアプリの不具合

11/30時点の最新バージョンは「iOS12.1」となっていますが、開発者向けベータ及び一般向けベータ版が先行してリリースされており、徐々に不具合の解消に向かっているものと思われます。

 

source:iphone-mania

source:mixpanel

Photo:mixpanel

松戸店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険