武蔵境店|iPhone修理なら総務省登録修理店ダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhoneSEのドックコネクタ交換

こんにちは。iPhone修理ダイワンテレコム武蔵境店です。

 

今回いらっしゃったお客様は、充電が出来なくなったiPhoneSEの修理のために武蔵境からお越しくださいました。

 

■最初はお店にお問い合わせの電話があり

「どうやら充電する所が壊れたらしい」

 

との事。

すぐに修理のお見積りを伝えると当日中に来店のご予約が頂けました。

 

■お客様がご来店されました

「お待ちしておりました。」

「これなんだけどさー。見てくれる?ついこの前までは何とか充電できてたのよ。でもまあここ最近ついに完全に沈黙してくれちゃってさー。この通りですわ。」

 

そう言ってご自身のモバイルバッテリーとiPhoneSEを目の前で充電して見せてくれました。

液晶上にバッテリーマークも表示されない事から恐らくコネクタが充電ケーブルを認識していないか、液晶画面が映らないかが考えられます。

 

お客様にその旨をお伝えし、まずは中身を開いてバッテリーと液晶画面を新しい物に仮付けしてみましょうと提案。

 

その方向で了承を頂きましたので申込票をお渡しし正式に依頼を頂きます。

 

■作業開始!

まず内部を開いてバッテリーと液晶画面を新しい物に替えて症状が改善されるか試してみました。

 

ある程度想定はしていましたがどちらを交換してみても直らずどうやらドックコネクタ部が原因の様です。

ピンセットでコネクタ内部に詰まったゴミが無いかチェックしますがこちらも問題ありませんでした。

ちなみにドックコネクタ内部は目視出来る部分以外にも見えないスペースがあり、

内部に思った以上のゴミやほこりが溜りやすかったりします。

 

さて色々と試してみましたがこうなると最終手段としてドックコネクタ部を新しいものに交換する他ありません。

お客様にお時間が掛かる事を告げ、内部の基盤、液晶、バイブレーター、スピーカー等殆どの電子部品を取り外し、

やっと全体像が見渡せるようになったドックコネクタ一帯の設備を取り外します。

前述した部品を取り除かないと外せないのがこの部品のやっかいな所です。

 

そしてフレキシブルケーブルが本体底部に張り巡らされておりますのでこちらも丁寧に剥がして回ります。

全て取り外すと、イヤホンマイク、通話マイク、アンテナ、充電コネクタが一帯になったケーブル群があらわに。これ、4つの機能の内1つでも壊れたら全とっかえする必要があるので厄介です。

 

悪戦苦闘しつつも外し終え、今度は逆再生の手順で新しいドックコネクタを貼り付けていきます。

 

こうして元通りになったiPhoneを液晶パネルを仮付けした状態で一度電源を入れます。

そして起動した状態で充電コネクタに充電ケーブルを差し込み、液晶右上部のバッテリーアイコンに雷マークが点灯すれば復旧。

しなければまた新しいドックコネクタに差し替えなければなりません(憂鬱)

 

■結果は

幸いな事に今回は無事バッテリーアイコン上に雷のマークが点灯致しました。無事復活です!

 

「いやー!長い事預けて直らなかったら困るなーって思ってたから直ってくれてよかったよ!」

 

 

■武蔵境の便利なアイフォン修理屋さんダイワンテレコム■

当店では地域最安でiPhone修理をしています。

詳しい見積もりなども、電話やメールにてお気軽に問い合わせてみてください。

 

営業時間 9時~20時まで

年中無休 電話 0422-60-2337

 

東京都武蔵野市境2-10-20ライズナガツカ1F

 

この記事を書いた店舗情報

武蔵境店

〒180-0022
東京都武蔵野市境ライズナガツカ1階

0422-60-2337

店舗一覧