iOS13.6ベータ2がリリース

[2020/06/10]

こんにちは。

iPhone修理のダイワンテレコム渋谷店です。

現地時間の6月9日に、Appleは開発者用のiOS13.6ベータ2をリリースしました。

13.5.5の以前のバージョンから13.6へとバージョンが変わる事になります。

バグの修正と機能の追加

今回のバージョンでは、新しいApple News+ Audio機能の兆候が含まれているようです。

Appleは出版社と協力して、一部のニュースのオーディオバージョンを作成する許可を獲得しています。

ユーザーはその日のトップニュースの記事の要約を音声として聞く事ができるようにAppleは計画しているようです。

 

また、iOS13.6のコードでは、キーボードショートカットにAppleが取り組んでいる事も示唆しています。

これによって、Magicキーボードやその他のキーボードを接続しているユーザーがショートカットによって輝度レベルを調整できるようになると見られていますが、この機能がアップデートに含まれる機能になるかどうかは明確ではありません。

自動更新の設定

新しいバージョンのiOS13.6では、自動アップデートを細かく設定できるようになるようです。

今までのバージョンでは、自動更新をオンにするかオフにするかのシンプルな設定となっていました。

 

今回のバージョンでは、新しい設定項目が追加され、「iOSアップデートのダウンロード」の設定と「iOSアップデートのインストール」が設定可能となります。

この設定では、iOSの更新データを許可なしに自動ダウンロードしたくないユーザーにとってはより良いオプションとなっています。

ストレージのスペースが予期せぬタイミングで自動アップデートファイルによって圧迫されてしまう事を防ぐ為に、「自動ダウンロード」をオフにする事でストレージ容量を保った状態にする事ができます。

 

また、とりあえず更新データをダウンロードしておいて、様子を見ながら手動でアップデートを適応する場合は、「自動インストール」の項目をオフにしておく事ができるようになります。

 

ただ、どちらの設定も初期の状態ではオンになっているので、ユーザー自身が利用する状況をみながら各自で設定を変える必要があるようです。

 

ヘルスケアアプリに「症状」が追加

ヘルスケアアプリに新しく「症状」の項目が追加となります。

症状の中には、身体や筋肉の痛み、食欲の変化、咳、めまい、失神、頭痛、吐き気など様々な病気の症状を追加できるようです。

アプリに記載されている各症状には説明がついており、重大、中程度、軽度、存在、不在などの詳細を追加するオプションもあります。

 

これらの機能によって、患者がより詳細な健康状態を医師と共有できるようになります。

 

source:MacRumors

source:MacRumors

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0041
東京都神南1丁目20−15和田ビル2階

0120-790-768

あわせて読みたい記事

修理メニュー

iPhone

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中