iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

OSアップデートで動作が遅くなる問題

[2017/12/27]

 

皆さんこんにちは〇彡

 

ダイワンテレコム渋谷道玄坂店です!

 

「良いお年を!」なんて言葉がはびこる時期ですね……

当店ではこんな議論が持ち上がりました。

 

K氏「今年もあと何日しかないのに“良いお年を”って遅くね?」

S氏「え?来年良い年を迎えられますようにって意味じゃないんですか?」

O氏「良いお正月を的な……」

 

三人「……」

 

ってことで調べてみると、

 

【大晦日を無事に迎えるまでは、色々と大変ですが、お互いに頑張りましょう。どうぞ良いお年を迎えられますように。】

 

との意味が込められているそうで、いつしか略して「良いお年を」になったそうです。

日本人は面白いところで略すのが好きですよねwww

 

まあつまり、KSO氏の認識は全て間違いではないという事になります。

2017年もあともう少し、気を抜かずに頑張りましょう!

 

Appleが認めた“あえて動作を遅くしている”!?

海外では訴訟にまで発展しているこの問題。

詳しくひも解いていくと、双方とも『解らなくもない……』主張が繰り広げられています。

 

Apple側の主張

“バッテリーが劣化した旧機種での予期せぬシャットダウンを防ぐために、CPU(中央演算処理装置)の処理性能を抑えるようOSに修正を施していた。”

なるほど、少しでも精密機械に関わる我々としては、ある程度納得できる回答です。

iphoneに関わらず、携帯等のポータブル機器に使われているバッテリー製造から2年以上経過すると、パフォーマンスが落ちてくるものが大半です。使い方次第ではもっと早く劣化することだってあると思います。更に、最新機種に合わせたOSをアップデートすることによって、旧機種の機能に負担をかけるのは目に見えています。“使えなくなる状態になるよりかは、動作を制御してでも使える状態にした”と言うような印象でしょうか。

 

ユーザー側の主張

“OSをアップデートして動作が遅くなるなんて聞いていない。Appleは使用方法やOSについて秘匿する傾向があり、ユーザーは全く何も知らないままで使用している。ユーザーはこれらの情報を知る権利があり、Appleは説明責任を果たしていない。”

はいはい、こちらも1ユーザーとしても共感できる訴えです。

iPhoneをお持ちの方であれば、一度は思ったことがあるでしょう。『え?説明書は?』そう、androidと比べて説明書という説明書が明らかに無いです。使い方すら載っていません。今でこそいろんな情報がネットで調べられるので、その情報を頼りに使うことは容易になりましたが、そのほとんどはユーザーからの情報です。Appleからも説明がもう少しあっても良いのではないかと思ってしまいます。

 

錯綜するAppleとユーザー

そんなAppleの秘匿体質からの“動作が遅くなる問題”容認はユーザーにこんな印象を与えます。

『新しい機種を買わせるために“わざと”している』のではないかと。

そう思われても無理はないと思います。実際Appleとしては、新機種が発売となればそちらを買って欲しいですし、新機種を基準にOSを開発していくでしょう。しかしAppleとしては、OSについてもアップデートをしない選択も出来るようになっています。ユーザー側に“選択する権利”を与え、実際に選択するのはユーザーですから、なかなかこの訴えを通すのは難しいのはないでしょうか。

ただ、ユーザーとしては、“Appleが明確な説明をしていれば、新しい機種を買うことは無かったし、バッテリーについても交換して直る事なら教えて欲しい”“ユーザーの選択権を侵害している”という主張もごもっともです。

 

双方の主張がどちらも分るからこそ終わりの見えない問題ですが、当店が言える事があるとすれば……

 

 

交換しましょう!バッテリー!!

 

良いお年を☆彡

 

渋谷店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険