iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iOS11.3の詳細について

[2018/01/26]

AppleがiOS11.3の詳細について発表しました。さらに開発者に限ってではありますがベータ版の公開も始めています。

11.3については下記にて説明していきます。

 

バッテリー診断機能追加

 

11.2でも触れられていたバッテリーの診断機能が11.3にてようやく追加されるようです。

機能は状態を診断する機能とバッテリーの状態に応じて処理能力を制御できる機能のオン・オフができる二つになります。

利用可能な機種はアイフォン6、アイフォン6Plus、アイフォン6s、アイフォン6sPlus、アイフォン7、アイフォン7Plus、アイフォンSEに限られています。

しかし、バッテリーの診断機能については11.3のベータ第1弾には含まれておらず、今後のベータ版での追加予定だとAppleは発表しています。ユーザーから度々求められ今回ようやく実施に至りましたが、まだ先は長そうです・・。

しかし処理能力を制限する機能をオフにした場合、処理能力は改善されることになりますが、Appleがこれまで防いできた現象が起こりやすくなるのではないかといわれています。電源が突然切れてしまう現象は度々起こってはいましたが、今後この現象の頻度が増える可能性が考えられるので管理機能の利用には注意が必要だと思われます。

 

フィッシング詐欺対策を強化

 

以前、情報漏洩を目的としたアプリがApple IDの情報を入力する画面を偽装することで情報をIDに関する情報盗むことができるという指摘がユーザーよりありました。

iOS11.3ではAppleの公式アプリやiOSの機能が個人情報を求める際にアイコンが合わせて表示されるようになります。

 

削除されていた機能の復活

 

Message in iCloudという機能が11.3より復活します。

こちらはiOS11が正式リリースされる際に削除されていた機能ですが、11.3のベータ版で復活しました。

機能としてはメッセージアプリでやりとりした会話や写真などをiCloudに保存ができ、ほかの端末にも同期ができる機能になります。

 

過去のメッセージを保存することでアイフォンの空き容量を確保することができますが、iCludの容量をいっぱいにしてしまい圧迫する可能性があるので注意が必要になります。

 

リリース日

 

Appleからは今年の春には正式なリリースを予定しているようです。

現在はベータ版なので開発者やテスト参加者のみですが、正式リリースされれば上記機種の方でもアップデートが可能になります。過去の例からによればベータ版の期間がいつもより長くなるのではないかと予想されています。

 

バッテリー問題は今もなお継続しており、そのまま使っているとパフォーマンスも悪くなる一方です。当店では最安で交換対応を行っておりますので是非ご利用下さい。

 

バッテリーに関する過去記事

バッテリー交換で処理速度が向上! バッテリー問題について

バッテリーを交換する前にしておきたいこと①

バッテリーを交換する前にしておきたいこと②

[iOS11.2.2]必見!!バッテリー消費を抑える方法

渋谷店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険