iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

ios11.3「バッテリー状態管理画面」公開

[2018/02/08]

先日話題となったバッテリー劣化による性能低下問題。

この問題についてAppleでは近日中にリリースされるであろう「ios11.3」で新たにバッテリーの状態を表示する機能が追加されました。そのベター版である「ios11.3ベータ版2」の詳細画面がApple公式サイトで公開されました。

 

バッテリーの状態確認

この機能は「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態 (ベータ)」にあります。

ピークパフォーマンスをダイナミックに管理することで突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能がオンになっているかどうかをユーザ自身が確認し、それをオフにできるようにもなりました

 

バッテリーの最大容量とピークパフォーマンスの確認

バッテリーは新品状態で最大容量は100で、充電の回数を重ねるごとに1回の充電で出来る回数が短くなります。

0~100%で1カウントとし、500回それを繰り返すと表示が100%でも性能的には80%程しか維持できなくなると言われています。ios11.3の「バッテリーの状態」画面には、バッテリーの最大容量やピークパフォーマンス性能などの情報も表示されます。 

パフォーマンスが正常な画面

 

バッテリーが劣化等も無く正常に動作している場合は下記のメッセージが表示されます。

「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。」

 

パフォーマンスが管理された状態の画面

 

パフォーマンス管理機能が適用された場合は、以下のメッセージが表示されます。

「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。」

 

パフォーマンスが不明な状態の画面

 

バッテリーの状態を判断できない状態だと以下のメッセージが表示されいます。

「この iPhone では、バッテリーの状態を判定できません。バッテリーに関するサービスは、Apple 正規サービスプロバイダが対応します。」

 

パフォーマンスをオフにした状態の画面

パフォーマンス管理機のをオフにした無効にした場合以下のメッセージが表示されます。

「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています。」

 

バッテリーが劣化している状態の画面

バッテリーが劣化していて正常なパフォーマンスを維持できない場合、以下のメッセージが表示されます。

「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。」

”ちなみに一度無効にするとユーザーが再びパフォーマンス管理をオンにすることはできず、突然のシャットダウンが発生すると自動で再びオンになります。”

 

というわけで、iPhoneユーザー自身の視覚でどのくらいヘタっているのかが分かるのはとてもいいことですね。

バッテリーがヘタってきたら早めの交換をおススメします。

 

source:Apple

渋谷店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険