前半期タブレットの出荷台数が増加、iPadはシェア率4割に!

[2020/08/05]

タブレットの出荷台数が増加

こんにちは

ご覧いただきありがとうございます

アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です!

 

2020年第2四半期の世界PCおよびタブレットの出荷台数が前年同期に比べて26.1%の増加を記録したとして、調査会社のCanalysが発表しました。

理由としては在宅勤務や自宅学習のニーズが大きく、iPadシリーズは前年同期と比べ、19.8%増加しており1,425万台でシェア率4割のトップを獲得しています。

 

iPadが圧倒的な首位に

Canalysによると第2四半期のタブレットの総出荷台数は3,754万台で前年同期より26.1%も伸びています。

メーカー別の出荷台数ではAppleから販売されている、iPadシリーズが14,250,000台も出荷しており、シェア38%の他より圧倒的な売上を出しています。

新型コロナウイルスの影響により、自宅待機やリモートワークが増えたことによりiPadの需要があがっていました。修理自体の問い合わせも増えているので日本でもiPad購入者が増えています。

 

またAppleは2020年4月〜6月期におけるiPadの世界売上高が、前年同期比約31%増となる65億8,200万ドル(約6,897億円)だったと発表しています。

iPadの次にSamsung、Huawei、Amazon、Lenovo並んでいますが、各社とも前年同期から2ケタ成長となっています。

タブレットを含むPC出荷台数もプラスに

2020年4月〜6月は、減少傾向にあったタブレットの出荷台数が大幅に増えたのが特徴的でした。

 

Canalysは、2020年第2四半期のタブレット市場について、新型コロナウイルスの影響を受けたリモートワークと自宅学習により、PCよりも手頃なタブレットの需要が高まったこと、各メーカーが需要に応じて製品を供給できたことを挙げています。

 

また、仕事向けの高い生産性を求めるユーザーからは、iPad ProとMagic Keyboardのようなデタッチャブル(取り外し式)モデルの人気が高まりました。

 

source:iPhoneMania

Photo:Canalys

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0041
東京都神南1丁目20−15和田ビル2階

0120-790-768

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中