iPad Airの問題に対する修理プログラム

[2020/03/11]

こんにちは。アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。

 

iPad Airの(第3世代)に関する修理プログラムがAppleより発表となりました。

対象となる本体については、検査を行い無償での修理が可能となるようです。

 

対象となる端末について

問題が確認されている本体は2019年の3月~10月に製造されたiPad Air(第3世代)となります。

画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があるとの事です。

真っ黒になる前には画面が一瞬ちらついたり光ったりする事があるそうです。

 

上記のiPadのモデル以外は対象外となっております。

 

修理の流れについて

Apple Storeや正規サービスプロバイダにて実機検査行い、プログラムの対象となる本体かを検証した後で、無償修理となります。

 

Appleでの修理ではデータを初期化しての本体交換になる事がありますので、事前にデータのバックアップを取っておく事が必要となりますね。

 

また、画面割れ等が発生している場合には画面の割れを修理をする事になるので修理料金が発生する可能性もあります。

 

今回修理を受けられる本体は、購入した国・地域のみとなっております。

このプログラムは製品の保証期間を延長するものではなく、最初の小売販売日から2年間適用されるものとなります。

 

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0041
東京都神南1丁目20−15和田ビル2階

0120-790-768

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中