第2世代iPhoneSE-アプリ導入で人物以外のポートレートも

[2020/04/27]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

4月24日に発売された第2世代iPhoneSEではポートレートモードの利用が可能ですが、アプリを使う事で人物以外にもポートレート撮影が可能になります。

 

人物以外のポートレート

ポートレートモードとは背景をぼかし被写体を際立たせる写真を撮る事です。

望遠レンズなどを使い背景をぼかす為、基本的にはデュアルカメラが採用されているiPhone7Plus・iPhone8PlusからiPhoneXシリーズやiPhone11シリーズで利用可能となっています。

第2世代iPhoneSEの背面カメラはシングルカメラとなっていますがポートレートを人物に限り利用する事が可能になっています。

 

デュアルカメラが搭載されているiPhoneに限っては被写体が人物、動物問わず、ポートレート撮影が可能となっていますが第2世代iPhoneSEでは被写体が人物以外、例えば動物や静物などの場合はポートレート撮影が利用できません。 

 

カメラアプリを使おう

しかし人気カメラアプリ「Halide」や長時間露光アプリ「Spectre カメラ」を使う事で第2世代iPhoneSEでも人物以外のポートレート撮影が可能になります。

 

 

「Halide」は人気カメラアプリで既にご存知の方も多いかとおもいますが、「Spectre カメラ」はAppleが選ぶ2019年ベストiPhoneアプリに輝いています。

 

ペットなどをポートレート撮影したい際などは「Halide」と第2世代iPhoneの組合わせてばっちり撮影可能になります。

 

第2世代iPhoneSEと同様にシングルカメラながらポートレート撮影が可能なiPhoneXRも基本は人物のみが対象ですが、該当のアプリを使う事で人物以外にもポートレート撮影する事が可能です。

 

 

気になった方は是非、利用してみては如何でしょうか。

尚、アプリは、2020年4月27日時点では有料となっていますので、インストール際は料金を確認してからお願い致します。

 

 

 

引用元:9to5Mac

 

引用元:Twitter(@halidecamera)

 

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463

あわせて読みたい記事

修理メニュー

iPhone

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中