iOS13.6でヘルスケアアプリ「症状」の項目が追加

[2020/06/11]

いつもご覧頂きありがとうございます。

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

 

Appleは6月9日に開発者向けに公開されたiOS13.6ベータ2をリリースしました。iOS13.6ベータ2ではヘルスケアアプリに「症状」の項目が新たに追加されていることが判明しました。

ヘルスケアアプリに「症状」の項目が追加

iOS13.6ベータ2にて新たに追加されたヘルスケアアプリの「症状」という項目では、「体や筋肉の痛み」「食欲の変化」「咳」「めまい」「失神」「頭痛」「吐き気」など、さまざまな病気の症状を追加できるようになります。

 

アプリに記載されている各症状には説明が付いており、問題の症状に応じて重大、中程度、軽度、存在、不在などの項目も追加されています。

より詳細な健康管理が可能に

以前ヘルスケアアプリに月経に関連する症状をログに記録して月経に伴うほてり、下痢、気分の変化、腰痛、吐き気、睡眠障害などの症状を記録とする機能が追加されましたが、iOS13.6ベータ2で新たに追加される「症状」では、誰もがデータを記録して、健康管理に役立てることができ、詳細な健康情報を医師と共有できるようになります。

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463

あわせて読みたい記事

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中