iPhone修理は新宿駅直結のダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

2020年4月~6月、タブレットの総出荷台数の約4割がiPad

いつもご覧頂きありがとうございます。

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店です。

 

市場の調査会社であるCanalysが2020年第四半期(4月~6月)のタブレット総出荷台数の調査を行った結果、前年比26.7%もの増加を記録しました。その内、iPadが前年同期比19.8%増加の1,425万台でシェアトップを獲得しています。

iPadの出荷台数は38%で圧倒的首位に

Canalysによると、2020年第2四半期(4月〜6月)のタブレット総出荷台数は3,754万台で、前年同期比26.1%の大幅な伸びを記録しました。

 

メーカー別出荷台数では、AppleのiPadシリーズが前年比19.8%増で約1,425万台を出荷し、タブレットシェアの38%を獲得し圧倒的首位に立ちました。

iPadの売上は65億8,200万ドルに

Appleは先日の四半期業績発表で、2020年4月〜6月期におけるiPadの世界売上高が、前年同期比約31%増となる65億8,200万ドル(約6,897億円)だったと発表しています。

 

2位以下はSamsung、Huawei、Amazon、Lenovoで、各社とも前年同期から2ケタ成長となっています。

タブレットを含むPCの総出荷台数は14.3%増

タブレットを含むPCの総出荷台数は約1億1,050万台で、前年同期比14.3%増を記録しました。

 

シェアトップはLenovoで出荷台数2,020万台(シェア18.3%)、2位がAppleで1,960万台(シェア17.7%)でした。Appleは出荷台数を前年同期比で17.9%伸ばしています。

リモートワークと自宅学習により需要が増加

2020年4月〜6月は、減少傾向にあったタブレットの出荷台数が大幅に増えたのが特徴的でした。

Canalysは、2020年第2四半期のタブレット市場について、新型コロナウイルスの影響を受けたリモートワークと自宅学習により、PCよりも手頃なタブレットの需要が高まったこと、各メーカーが需要に応じて製品を供給できたことを挙げています。

source:Canalys

Photo:Apple

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463