iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhone片手操作を快適に!

[2017/11/30]

iPhoneは内部的な進化と共に外観上も進化し、例えば画面のサイズも大きくなってきました。

iPhone5では画面サイズが4インチなのに対しiPhone6では画面サイズ4.7インチ

Plusサイズだと5.5インチにもなります。更に最新の【iPhoneX】は画面サイズが5.8インチと最も大きなサイズです。

大画面になる事で見やすくなり視覚的なメリットが生まれましたが、操作性。特に「片手操作」という点では非常にストレスを感じるようになったのも事実です。

今回は大画面のiPhoneでも快適に片手操作を可能にする方法をご紹介します。

 

簡易アクセスについて

画面が大きくなり、例えば左手で操作している時は画面右上のアイコンに親指が届きづらいですよね。

操作中に「画面が急に下にズレた」「上半分が真っ黒になった」そんな経験をされた方も少なくはないでしょう。

正にこれが「簡易アクセス」です。

簡単にいうと画面全体を「下げる」事で片手操作を快適にする機能です。

 

操作方法 

iPhoneの「設定」アプリを開き「一般」と進み「アクセシビリティ」から簡易アクセス機能をオンにしましょう。

  

上記のように緑色が「オン」の状態です。

 

物理的ホームボタンが存在するiPhone8まではホームボタンをダブルタップ(軽く2回触れる)で実行できます。

iPhoneXでは物理的なホームボタンが廃止された為に画面下部を下にスライドで実行できます。

  

 

キーボードの配置を変える。

画面が大きくなり文字入力する際に片手操作が難しく感じる事もあるでしょう。

iOS11からはキーボードの配置を【右寄せ】【左寄せ】に変更できる機能が標準搭載されています。

 

操作方法

キーボード画面で左下の赤い印の部分を長押し。(画像左参照)

キーボード配置のアイコンが現れ、それぞれ「左寄せ」「中央」「右寄せ」を意味します。配置場所を選択します。(画像右参照)

 

絵文字でも同じです。左下「ABC」を長押しするとキーボード配置のアイコンが表れます。

 

 

 

 

左寄せにすると画像の様にキーボードが左側へ移動します。

元に戻す際は「>」マークを選択(左画像)もしくはキーボード配置アイコンの真ん中を選択(右画像)。

 

 

 

片手操作が不便だとストレスにもなりますし、手を滑らせ端末を落下させてしまう原因にもなりかねます。個人的にはバンカーリングを付けると操作性が安定するかなと思います。

以上を参考に快適なiPhone操作を体感してみてください。

新宿本店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険