iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iOS12-USBブロック機能

[2018/06/15]

 iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます!

今回は2018年の秋に正式リリース予定のiOS12の新機能「USBブロック機能」について簡単にご紹介いたします。

 

USBブロック機能とは

USBブロック機能とはiPhoneがロックされて1時間が経過するとUSB機器の接続をブロックするというモノです。これは政府機関によるプライバシー侵害を防ぐ為であるとAppleが正式に認めております。

iOS11.3やiOS11.4ベータ版でも、この機能は確認されていましたが正式リリースとともに見送りになっていました。具体的にはiOS12の設定画面で「TouchIDとパスコード」という項目に「USBアクセサリ」の設定が追加されるとMacRumorsが報じています。初期設定ではiPhone、iPadにロックがかかってから1時間後にUSBアクセサリへのアクセスが禁止されるようです。

 

 

AppleはiOS12以降のiOSではUSBブロック機能を継続して搭載する計画であるとも伝えています。

 

iPhoneからのデータ入手率90%低下!

以前はGrayshiftやCellebrite製の機器を使えばロック中でもiPhoneのデータにアクセスする事が可能でした。しかしUSBブロック機能により、こういった機器を使ったiPhoneへのアクセスが困難になりセキュリティ研究者によれば1時間以内という時間制限によりロック中のiPhoneのデータへのアクセス出来る可能性は約90%低下するとReutersにコメントしているようです。

 

Appleがコメント

Appleの担当者はUSBブロック機能について以下のように説明しています。

”私たちAppleは、お客様を最優先して全てをデザインしています。私たちは、お客様をハッカー、個人情報窃取、プライバシー侵害から守るため、全てのApple製品で常にセキュリティを強化しています。私たちは、政府機関に最大の敬意を持っており、私たちのセキュリティ強化は、政府機関の業務遂行を妨害するために設計されたものではありません。”

 

またデータへのアクセスを防ぐ目的の機能ですので充電は問題なく可能という事です。

 

引用元:Reuters

引用元:MacRumors

新宿本店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険