リンゴループの対処法| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

リンゴループの対処法

[2017/02/22]

リンゴループとは・・・

いきなりiPhoneの画面にAppleマーク(リンゴマーク)が出て画面が真っ暗になってしまった方へ。リンゴループの説明から対処法までをご案内します。

「リンゴループ」とはiPhoneを起動した際に、アップルマークから一向に画面が進まず、消えたかと思ったらまたアップルマークが出てきて・・・これらを繰り返す症状のことです。この状態のときはiPhoneが一切操作できず、しまいには充電がなくなり電源が切れてしまいます。改めて充電をしてみても同じ症状の繰り返しです。

リンゴループの原因

おもな要因としてはこのようなことが考えられます。

・iPhone本体の基盤故障

・iPhone本体の落下や水没、それに伴う変形によっての不具合

・iOSなどのソフトウェアの故障

・iOSなどのソフトウェアアップデート中の不具合

・電源のON/OFF(オンオフ)を何回も繰り返してしまう

脱獄など、不正を行う

上記のようなことをした場合、リンゴループが起きてしまうことがあります。

予兆がありませんので、日頃から頻繁にバックアップを取ることをオススメします。

リンゴループの対処法

まれに、数時間放置しているとリンゴマークから「iTunesに接続」を促す画面に切り替わっていることもあります。その場合は、画面に従ってiTunesに接続して自分でリカバリーをしてみましょう。

 「リカバリー」とは・・・

直訳すると"回復"や"復旧"のことです。リカバリー作業を行うとデータが初期化されてしまいますが、実行することによって本体が元に戻る(以前のように使える)ことがあります。リカバリーは、対象のiPhoneをパソコンに接続して行います。そのため、【iPhoneを探す】という機能をオンにしている場合はiTunesを使うためのApple IDとパスワードが必要になります。この情報を把握できていればリカバリーを試すことができて復旧することがありますが、ID自体やパスワードを忘れてしまった場合は、ここでリカバリー(復旧)をすることができません。(機能をオフにしている場合はパスワードは不要です)

画面表示がリンゴループから全然変わりそうにない方や、パソコンに繋いでもリカバリーができなかった方は、iPhoneの気まぐれで勝手に待受画面に戻ってくれない限りその他は対処法がありません。自分では直せない部分なので、アップルに修理(交換)を依頼しましょう。また、下の画像のようにiPhoneをiTunesが認識してくれない・エラーがでてしまった場合もアップルに相談してみてください。

※キャリアだと保証期間内であっても有料での本体交換となってしまいます。

 

アップルへの相談方法

症状をアップルに電話相談すると本体交換の流れを案内してもらえるのでその場でアップルストアの予約をします。※保証対象外の場合は対応が異なる可能性があります。

尚、アップルストアは店舗がとても少なく大変込み合いますので、時間がかかってしまうことが多いです。

アップルストアの店頭では、リカバリーをするためにスタッフがストアのパソコンに対象のiPhoneをつないでくれます。自分のパソコンでは失敗しても、ストアでは成功する事例がありますので、自分でできなかったからと断念せず、ぜひストアに来店してみてください。

アップルストアでもリカバリーができなかった場合は本体交換の流れとなりますが、リカバリーが成功した場合は交換してもらえません。そのまま帰宅・・・ということになります。

リカバリーも成功!Apple IDのパスワードも把握している!という方であれば、リカバリー後に正しいApple IDとパスワードでログインすればいいので、ここで終了です。また改めて使い始めればOK!

 

しかし、リンゴループは直ったけど、画面を見たらアクティベートロックがかかっていたという方もいらっしゃると思います。その場合の対処法は別の記事でご案内しておりますので、ぜひこちらもご確認ください。

新宿本店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ