iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

時代はパンチホールへ!iPhoneは2020年登場か

[2019/01/13]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店です。

AppleがiPhone Xで送り出したノッチ付きベゼルレス・ディスプレイ~いわゆる全画面ディスプレイモデルは、散々に揶揄していたはずのSamsungも採用する等、スマートフォンのスタンダードとなった感がありますが、時代の進歩は速いもので、最早、時代はパンチホール・ディスプレイへと移りつつあるようです。

 

 

Huaweiがnova 4を発表

Huaweiの新しい「nova」は、ディスプレイ内の隅に小さなカメラホールを配して、その他の画面の全てをディスプレイとしています。こうしたパンチホール型の全画面モデルはSamsung「Galaxy A8s」、Huaweiサブブランドのhonorから「honor View 20」などが続々登場あるいは登場予定です。

パンチホールの利点は、小さな穴以外が全てディスプレイとなる事で、ノッチ付きよりもさらに「全画面ディスプレイ」に近いと言え、どう見てもノッチ式よりも美しいと言わざるを得ません。

 nova 4の画像を見ても分かる通り、ディスプレイを遮るものは、左上の小さなホールのみです。これなら、丸い天体の写真を使わなくても全画面ディスプレイを誇れるはずです。

 

 

注目のiPhoneへの採用は2020年モデルからか

どうやら、2019年モデルのiPhoneにはパンチホール式のディスプレイは搭載されず、従来型のノッチ式のディスプレイになりそうだと、Twitterのリークアカウント「Ice universe」が述べています。

やはり問題は、Face IDの存在です。

Face IDは複雑なセンサーの組合せで成り立っており、小さなカメラホールが1つあれば事足りるという訳にはゆきません。ある情報によれば、パンチホール式ではFace IDそのものが廃止される可能性にさえ言及しています。それにしても、iPhoneは2019年も苦しい戦いを続けなければならないようです。パンチホール式全画面ディスプレイもそうですし、次世代通信規格5Gの搭載も2020年モデルからだと言います。であるとすれば、2019年モデルは2018年モデルの踏襲ということなのでしょうか。そもそも2018年が「S」の年ですので、本来であれば2019年は新たな型番が登場するタイミングですが、型番だけ更新しても、中身が現行モデルと大差ないようだと、AppleとiPhoneの苦戦は長期化しそうです。

さらに怖いのは、あれもこれも2020年に…と先送りにして、いざ登場した2020年モデルがユーザーの心を動かせないモデルだった場合、Appleはかなり厳しい立場に追い込まれそうな事です。

 

引用元:livedoorNEWS

引用元:HUAWEI

引用元:apple

新宿本店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険