iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

2019年を飛ばして2020年のiPhone予想!?中国のリーカーがツイート

[2019/02/12]

 

中国人リーカーのIce universeがTwitterで、「2019年のiPhoneはノッチデザインを引き続き採用し、そして2020年には穴のあいたディスプレイを新たに採用するだろう。」とツイートしました。

以前から、2019年のiPhoneは見た目やサイズに大きな変更がないと、著名なアナリストが予想しています。

その理由として、新しい通信規格の「5G」回線に対応したモデルを開発するにあたって、2019年のモデルはデザインよりも、内部の技術刷新のための準備段階として開発されていることが挙がっています。

そしてもう一つの理由として、BGRの記者であるChris Smithは「Appleは2016年に、ディスプレイに穴をあける技術を特許出願している (Apple filed a patent describing technology for drilling holes in displays all the way back in 2016)」と述べています。

穴あきデザインのスマートフォンは、2019年のフラッグシップスマートフォンのトレンドデザインとなると予想されています。

韓国Samsungは2018年11月に未来のスマートフォンデザインとして公開した中にも「Infinity-O」という穴あきデザインのスマートフォンが含まれており、そのデザインを採用したGalaxy A8の登場も推測されています。

2017年にiPhone Xがリリースされて以来、2年間にわたってノッチデザインがスマートフォン市場でメインストリームとなってきましたが、今年はApple以外の企業がスマートフォンデザインを牽引していく年になるかもしれません。

これは初代iPhoneを2007年に発売して以降、常に市場のリーダーとして君臨し続けたAppleの地位が変革する年になるということであり、大きくスマーフォン市場が変わっていく年になるということでもあります。

年々衰退しているスマートフォン市場ですが、この変革が良い影響をもたらすのか悪い影響をもたらすのか、目が離せません。

source:BGR

Photo:engadget

新宿本店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険