iPhoneXは防水機能があるが水没してしまう可能性がある!?

[2019/08/13]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

iPhone7以降のシリーズでは防水機能があり、防水機能がないものと比べて雲泥の差で水没しなくなりました。
しかし、この防水機能は過信しすぎるとiPhoneが水没してしまう危険性があるの知っていましたか?


実は防水ではなく耐水機能

「防水機能があるiPhoneだから水辺にそのまま持って入っても水没しないから大丈夫!」

そう思ってお風呂やプールなどに持って入っていて気づいたらiPhoneが起動していないといった場合はありませんか?
これはiPhoneの防水はあくまでも耐水機能の枠組みです。
しかもこの機能も生活防水レベルの想定なので気づかぬうちに水没してしまう・してしまっている危険性があります。

耐水機能部分はフレームと画面の間にある耐水シールの粘着が強いので水が入りにくい仕組みとなっております。
その粘着がしっかりと生きている状態であれば内部に水が入らないように守ってくれますが、シールなのでどうしても熱に弱いのです。
充電をしていると本体自体が熱くなっているとそれが原因で耐水シールが弱くなってしまうので注意が必要です。

耐水シールは熱に弱い

当店に水没修理ご依頼を頂く際にお伺いしていると水没してしまったiPhoneはお風呂に持って入られている確率が非常に高いです。
お風呂に持って入られていると湯気が少しずつ耐水シールの粘着性を弱めていきます。
粘着性が弱くなってしまっている状態でプールや海水浴で使われたり、少し水がかかってしまったといった時にパネルの隙間から水が入ってしまい水没してしまうわけです。
この耐水機能は年数劣化でも起こりえます。
十分に注意してください。

防水ケースをしていても水没してしまう可能性がある

プールや海水浴などで防水ケースを使われることも多いかと思いますが、ケースを首から下げたまま泳がれると水圧でロックが外れてしまう可能性があります。
そうなると防水ケースの内部に水が入ってしまう可能性があるので注意が必要です!

水没修理や基板修理でのご対応が出来ます!

水没してしまったiPhoneは【起動が出来ない】【リンゴループになっている】といった症状になってしまうケースが多くあります。
これは水没修理や基板修理をすることで復旧する可能性があります。
復旧するとデータが残ったままお返しが出来る場合がほとんどです。

特に夏季でのお問い合わせが多くいただいております。
復旧してご返却が出来るケースが多いのでオススメです。

iPhoneの水没修理もそうですが、iPhoneの起動不良やリンゴループでのお困りの際もぜひ、ご相談くださいませ。

iPhone修理でお困りの際は、ぜひダイワンテレコム新宿本店までお問い合わせ下さいませ。

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険