iOS14-iPhone標準ブラウザを変更か

[2020/02/22]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

BloombergはiPhoneの標準ブラウザがiOS14以降、変更可能になると報じています。

 

自社アプリを優遇に批判の声も

iPhoneではブラウザアプリを開いた際に自動でsafariが起動する仕組みとなっています。

safari以外のchromeやFirefoxを利用する際はアプリをインストールする事で可能になりますがメールなどで届いたURLをクリックすると自動的にsafariで開きます。

 

iPhoneを利用する際はサードパーティー製アプリの使い勝手が悪くAppleは自社製アプリを優遇しているなどの批判的な声も多く上がっており2019年にはアメリアkで独占禁止法に抵触するとの議論も出ているのです。

 

こうした背景もあり2019年10月からはSiriでサードパーティー製のメッセージアプリを操作可能に

なるなど、利用可能なアプリを拡大する事にも取り組んでいます。

 

サードパーティ製アプリを標準設定

そして今回、iPhoneでも標準のブラウザやメールアプリにサードパーティ製を設定出来るように検討していると報じられています。

 

更に、この内容についてはブラウザやメールだけでなくミュージックアプリも同様で例えばHomePodで音楽を再生する際なども標準アプリをApple musicではなくSpotifyなどに設定可能にする事も検討されているようです。

 

 

今回の報道はBloombergが匿名のApple関係者複数から得た情報として報じられており、真実は定かではありません。

いずれにしても現時点では検討段階にすぎず、最終的な結論はもう少し先のようです。

実現するとなれば大幅なアップデートがおこなわれるiOS14で対応する可能性もあります。

 

 

 

引用元:Bloomberg

 

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1-15-4-6F第2セイコービル6F

0120-952-463

あわせて読みたい記事

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険