初代 iPad mini ついにビンテージ製品に

[2020/08/01]

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店 です。

Appleisiderによると2012年10月に発売された初代iPad miniが、ビンテージおよび廃止された製品リストに追加されたとのことです。

ビンテージ商品とは?

 Appleは、「ビンテージ」商品を、5年以上製造されていない、もしくは7年未満でしか製造されていないハードウェアと定義しています。
一方、「廃止」製品は、7年以上製造中止となったハードウェアを指しています。

ビンテージ製品は、Genius BarsおよびApple Authorized Service Providersでの修理およびサービスの対象となります。しかし、アップルストアに部品の在庫がある場合のみ修理が可能となり、事実上の修理終了といったところです。

「廃止」された製品は、ストアでの修理も受け付けてくれません。

 

参考 Apple ビンテージ製品とオブソリート製品

iPad miniの特徴

 初代iPad miniは7.9インチの液晶を搭載し、低価格で持ち運びのしやすいタブレットとして2012年11月2日に誕生しました。

Appleは初代iPad miniを2015年6月に生産および販売を終了。
最終サポートバージョンはiOS9.3.6までで、iOS10のサポートから外れました。

この7.9インチの液晶を搭載した製品として、現在もiPad mini 5th(第五世代)として現在も発売中です。
初代から比べCPUも強化、Apple Pencilにも対応するようになりました。

今年のiPad miniの発売には、ベゼルも小さくなり、8.5〜9インチの液晶を備えた新しいiPad miniが登場する可能性があるという報告もあります。

最近では、11インチおよび13インチのMacBook Airモデルと2014年中期の13インチMacBook Proがビンテージ製品の仲間入りをしました。

初代iPad miniが故障してしまったら?

ダイワンテレコム高田馬場店 ではiPadの修理も行っております。

Appleで修理できなくなった 初代iPad mini でも修理が可能です。まずはお問い合わせくださいませ。

iPad各種の修理について

source:Appleinsider

source:wikipedia

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

あわせて読みたい記事

修理メニュー

iPhone

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中