iPhone修理は総務省登録修理店ダイワンテレコム梅田店

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhone12のブルー「イメージと違う」と中国SNS微博で大炎上

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

iPhone修理・iPad修理はダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

iPhone 12 / iPhone 12 Proの発売日である23日が迫っていますが、既にiPhone 12が手元に届いたという関係者・ユーザーがネット上に開封動画や端末を撮影した写真を投稿しています。

これらのユーザーにより公開されたiPhone 12の実機ですが、カラーバリエーションのうち『ブルー』の色味がイメージ画像と異なる、と炎上しています。

 

iPhone 12『ブルー』の色がイメージと違う?

iPhone 12シリーズのうち標準モデルとなる「iPhone 12」は、ホワイト/ブラック/グリーン/(PRODUCT)RED、そして新色となる『ブルー』がラインナップされています。

この『ブルー』のiPhone 12について、Apple公式サイトに掲載されたイメージ画像と色味が異なっているとして、中国のネットを中心に炎上しています。

新型iPhoneに限らず、話題のガジェットはフラゲ(フライングゲット)したユーザーによる開封動画などがネット上で出回りますが、その例に漏れずiPhone 12 / iPhone 12 Proはネット上の様々な場所で実機の画像が既に公開されています。

このフラゲされたiPhone 12の『ブルー』について、中国最大のSNS微博では“iPhone 12藍色”がトレンド1位になるほど大きな話題となりました。

 

 

iPhone 12ブルー、「子供のおもちゃ」「返品を考えている」

中国最大のSNS微博にてトレンド1位となったiPhone 12ブルーですが、投稿されている内容は批判的なものが多く見られます。

「子供のプラスチックのおもちゃみたいだ」「イメージと違う」

「手元に届くのが怖い」「返品を考えている」

など、購入する前のイメージと実機の色味が異なるという意見が大半です。

中には、青いポリ製のごみ箱やサンダルなどとiPhone 12ブルーを並べて批判している投稿も見られ、20万件近い「いいね」を集めるほどの反響を集めています。

 

Apple公式サイトのiPhone 12ブルー

微博ユーザーが投稿したiPhone 12ブルーの実機写真

実際にApple公式サイトで公開されているiPhone 12ブルーと、ネット上に公開されているiPhone 12ブルー実機を比較すると、色味が異なっているという意見も頷けます。

公式イメージ画像では紺色のような暗めの青という印象を受けますが、実機画像の青はもっと原色の青に近いものに見受けられます。

 

新型iPhoneの新色は毎年一番人気を集めるのが恒例ですが、2020年のiPhone 12シリーズについても例外ではありません。

Apple公式イメージ画像から暗めの青を期待してiPhone 12ブルーを購入したユーザーが、「思っていた色と違う」と感じてしまうケースはこれからも様々な場所であり得そうです。

 

source:微博

Photo:Apple

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797