iPhone水没は危険。

[2019/09/09]

こんにちは

アイフォン修理のダイワンテレコム大阪梅田店でございます。

9月に入っても温度が夏並みに暑いので、熱中症には気をつけてください。

iPhoneの水没での故障は最終的に電源が入らなくなる。

特にiPhoneの中で一番危険な故障は水没での電源が入らなくなってしまう事です。

電源が入らなくなってしまうとデータが取りだせなくなりますので、水没をされたときはすぐに電源を落としたり、SIMカードを抜いて乾かす事で、水没のダメージを軽減する事が出来ます。

水没した時は修理店に持っていく事で、復旧する事も出来ますが、もしも修理店で処置をしてもらっても復旧ができない場合は内部の電子基盤の故障している可能性があります。

水没の影響で、電子基盤の回路の故障で、電源が入らない事でしたら基盤修理をすれば復旧可能です。

しかし、あくまでもデータの復旧するための作業なので、完璧に元通りには戻らないので、復旧した時はデータのバックアップをしときましょう。

基盤修理はiPhoneの修理でもかなりの技術力を必要とする難易度の高い作業です。

どこよりも基板修理の復旧率が高いので、水没での電子基板の故障で、お困りでしたらお当店にお任せください。

iPhoneの故障はいつ起きるかわからないので、異変を感じられましたらダイワンテレコム大阪梅田店に問い合わせ下さい。

 

あわせて読みたい記事

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険