iPhoneフロントカメラ修理について

iPhoneフロントカメラ修理について その1

iPhoneに搭載されているカメラのうち、iPhoneを持ったとき手前に見えているカメラがフロントカメラ(インカメラ)です。

フロントカメラといえば、自撮りをする時や手鏡代わりに起動するという方が多いのではないでしょうか。

そんなフロントカメラですが、リアカメラ(アウトカメラ)ほどの頻度ではないですが故障が起こる部位となっています。iPhone修理ダイワンテレコムでもフロントカメラの不具合でご相談をいただくことが少なからずあります。

当ページでは、iPhoneのフロントカメラが故障した際に起こる不具合や症状、その対処法、正しい修理方法を紹介していきます。

  • 「フロントカメラ(インカメラ)」
  • 「リアカメラ(アウトカメラ、バックカメラ)」

iPhoneにはこれら2つのカメラが搭載されています。
そのうち、ディスプレイ側の上部に備わっているのが「フロントカメラ」です。

外側の「リアカメラ」と比較すると使う機会がやや少ない印象のあるフロントカメラですが、いざ使えなくなってしまうと困るのも事実です。

ここでは、フロントカメラが故障したときによく見られる症状、原因を紹介していきます。

カメラアプリを起動したときに、通常カメラの映像が表示される部分が真っ暗で何も映らない、というのはフロントカメラが故障したときに1番よく見られる症状です。
一切フロントカメラが映らなくなってしまうため、不具合だと認識しやすい症状でもあります。

フロントカメラに何も映らない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 1.フロントカメラ部品、もしくは基板(iPhone本体)が故障している
  • 2.フロントカメラの穴が画面フィルムなどで隠れている
  • 3.カメラアプリの不具合
  • 4.iOS(ソフトウェア)の不具合

特に、「リアカメラは映るけど、フロントカメラは映らない」という場合、フロントカメラ部品が故障している可能性があります。
リアカメラと比べてフロントカメラ部品は比較的故障しづらい部位となっていますが、落下などの強い衝撃や水没などにより不具合が生じる可能性があります。
また、フロントカメラ部品を接続している基板部品(iPhone本体)が故障しているケースも考えられます。

画面上部にあるフロントカメラの穴(カメラホール)が、画面フィルムやスマホケースなどで塞がっていてカメラが映らない、ということも考えられます。
もしフロントカメラの穴が隠れていたら、iPhoneに何も取り付けていない状態でカメラが映るか確認してみましょう。

カメラアプリの不具合は、iPhone標準のカメラアプリを使用している場合によく見られます。
自撮りアプリなど、サードパーティ製のアプリを使用している場合は、iPhone標準の「カメラ」を使用すると症状が改善されるかもしれません。

最後に、iOSの不具合でカメラアプリが使えない状態となっている可能性があります。
iPhoneを再起動したり、iOSアップデートを行ったりしてからフロントカメラを確認してみましょう。

iPhoneフロントカメラ修理について その2

iPhone 8のフロントカメラ部品。 フロントカメラ、環境光センサー、近接センサーなどが一体型の部品となっている。

リアカメラからフロントカメラに切り替えようとしたときに画面が固まる、という症状もよく見られます。 カメラを切り替えた時に映像がフリーズする、ボヤけた画面で固まるときにはフロントカメラ部品の故障が考えられます。

iPhoneフロントカメラ修理について その3

カメラをフロントカメラに切り替えようと右下のボタンを押したとき、いつまで待っても画面が切り替わらない場合、カメラ部品の故障が疑われます。

フロントカメラの映像に影や線などの異物が映ることや、映像の一部が白く曇ることがあります。
このような場合、フロントカメラ部品自体には問題がなく、画面パネルとフロントカメラ部品の隙間にホコリや水滴などの異物が残っていると考えられます。

フロントカメラの穴周辺には水分が溜まりやすく、iPhoneを水没させていなくても湿度の高い場所に長時間置くと、フロントカメラの穴に水滴が付着することがあります。
水没対策を行わずにお風呂場などにiPhoneを持ち込むと発生しやすい症状なので、水回りでiPhoneを使用する際は防水ポーチに入れるなどの対策をしっかり行いましょう。

フロントカメラ部分に水滴やホコリなどの異物が見られる場合、iPhone修理ダイワンテレコムなどのiPhone修理店でクリーニングを行ってもらうことで、改善が可能です。

iPhoneを起動したときに、Appleのリンゴマークが繰り返し表示されて先に進めなくなってしまう通称『リンゴループ』ですが、フロントカメラ部品の故障によって発生するケースが多くあります。
特にiPhone 7、iPhone 8はフロントカメラ部品の故障によるリンゴループが発生しやすいようで、フロントカメラ部品の交換によりリンゴループが改善した修理例がよく見られます。

ここまで紹介してきたような症状が見られるときは、場合によってはすぐ出来る対処を行うことで改善できるかもしれません。

iPhoneの再起動、フロントカメラの穴周辺のクリーニングなどを試して、フロントカメラの不具合が直るかどうか試してみましょう。



これらの対処を行ってもiPhoneのフロントカメラが直らない場合には、iPhone修理の専門家に任せてみましょう。
iPhone修理を依頼する方法には、大きく分けて2通りの選択肢があります。

  • Apple正規店:Apple Store、Apple正規サービスプロバイダ
  • 非正規修理店:正規店以外のiPhone修理店

それぞれの修理店には特徴があり、料金やサービスについても異なります。
正規店と非正規店の違いをしっかり理解して、自身にあった店舗でiPhone修理を行いましょう。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、フロントカメラの不具合に対してフロントカメラ部品の交換だけではなく、カメラ部品やカメラホール部のクリーニング、コネクタの取り付け直しなどのメンテナンスをはじめ、基板修理などさまざまなアプローチで症状の改善を行うことが可能です。
症状によってはカメラ部品の交換を行うことなく、安価に修理が可能な場合もございますので、お使いのiPhoneでお困りの際にはiPhone修理ダイワンテレコムまでお気軽にご相談ください。

※iPhone X以降のFace IDを搭載する機種では、フロントカメラの交換を行うとFace IDが使用できなくなってしまう点に注意が必要です。
iPhone修理ダイワンテレコムでは、必ず修理前にお客様に確認を取ったうえで修理を実施いたします。

  • ・iPhoneのフロントカメラは比較的故障しづらい
  • ・困ったときにはiPhoneを再起動、対処で直らなければ修理が必要
  • ・正規店の修理はApple Care+に加入しているときにオススメ
  • ・iPhone修理ダイワンテレコムではメンテナンスから部品交換まで幅広く対応!

故障しづらい部位とはいえ、フロントカメラに関するトラブルで一定数お問い合わせをいただいていることは事実です。
もしフロントカメラでお困りでしたら、紹介してきた対処法を試したうえで、直らなければ修理を検討してみてください。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、フロントカメラ・リアカメラのトラブルに対してしっかりと診断を行い、適切な修理・メンテナンスをご案内しております。
まずはお近くのiPhone修理ダイワンテレコム店舗までお気軽にご相談ください。

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中