iPhoneホームボタン修理

iPhoneホームボタン修理

引用:https://www.pakutaso.com

iPhoneのホームボタンは、搭載されている機種にとっては欠かせない存在です。
iPhone 5以降の機種ではこれら多くの機種に搭載されています。

ホームボタン内蔵 機種

iPhone5 イメージ画像
iPhone 5
iPhone5s イメージ画像
iPhone 5s
iPhone6 イメージ画像
iPhone 6
iPhone6Plus イメージ画像
iPhone 6 Plus
iPhone6s イメージ画像
iPhone 6s
iPhone6sPlus イメージ画像
iPhone 6s Plus
iPhoneSE イメージ画像
iPhone SE
iPhone7 イメージ画像
iPhone 7
iPhone7Plus イメージ画像
iPhone 7 Plus
iPhone8 イメージ画像
iPhone 8
iPhone8Plus イメージ画像
iPhone 8 Plus
iPhoneSE2 イメージ画像
iPhone SE
(第2世代)

iPhoneのホームボタンは、ホーム画面に戻る、Siriを起動するといった基本的な操作から、好きな操作を割り当てるなど応用的な操作を行うことが可能です。
一方で、ホームボタンが不調で反応しづらくなったり、反応しなくなったりすると、ホーム画面に戻ることすら一苦労するなど一転してiPhoneの使い勝手が悪くなってしまいます。
しかしホームボタンが壊れてしまったiPhoneでも、仮想ホームボタン(Assistive Touch)の設定や、ホームボタン修理を行うことで、不自由なくiPhoneを使用し続けることが可能です。

当ページでは

  • ・ホームボタンが故障したときの症状
  • ・ホームボタンが効かなくなった場合の対処法
  • ・Assistive Touchの設定方法
  • ・ホームボタンの修理を依頼する方法

などをはじめとした、ホームボタン修理・故障に関する疑問を分かりやすくまとめていきます。
iPhoneのホームボタンの調子が悪い場合や、ホームボタンが効かなくなってしまった際にぜひご活用ください。

一言にホームボタンの故障といっても、その原因によって様々な症状が発生します。
逆に言うと、発生している症状からホームボタンが不調となっている原因をある程度特定することが可能です。
ここでは、ホームボタンに関連する不具合と、そこから想定される不具合の原因を合わせて解説していきます。

ホームボタンが効かないという不具合の中でも、その比較的軽度だと考えられるケースです。
この場合、普段通りiPhoneを使用していてホーム画面に戻ろうとしてホームボタンを押したときに、たまに反応しないことがある、ということでホームボタンの不調を認識する場合が多いかと思われます。
このような場合、原因は「ソフトウェアの問題」「パーツの故障」の2つに大きく分けられます。

ソフトウェアの問題によりホームボタンが効かない場合は、iPhoneの動作が重くなっていることが考えられます。
特にiPhone 5、iPhone 5s、iPhone 6など比較的古い機種は処理能力が低いため、比較的動作が重くなりやすく、動作が重いときにホームボタンを押すとすぐにホーム画面に戻れないといったことが起こることがあります。

iPhoneの動作が重くなることでホームボタンが効かないように感じる症状が頻発する場合には

  • ・重いアプリを起動していないか
  • ・iPhoneが熱くなっていないか
  • ・iPhoneを再起動してみる

などを確認して、動作が軽い状態でホームボタンが効くかどうか試してみましょう。

iPhoneの動作が軽いときでもホームボタンが効かないことがある場合は、ホームボタン自体もしくはiPhoneの基板部品に問題があると考えられます。

ホームボタンがたまに効かないという症状は、ホームボタンと基板部品を接続するコネクタの接触不良が原因であることが多いようです。
ホームボタンの接触不良により不具合が発生している場合には、「ホームボタンを一度取り外してから取り付け直す」などのメンテナンス作業を行うことで、解決する場合があります。

ホームボタン周りのメンテナンス作業は、iPhone修理ダイワンテレコムなら即日10分~30分程度で対応が可能です。

ホームボタンが全くの無反応となってしまうケースも少なくありません。
この場合、「落下などの強い衝撃」「水没」「経年劣化」により、ホームボタン自体基板部品あるいはホームボタンと基板を繋ぐケーブルが破損している可能性が考えられます。

「iPhoneのホームボタンが効かなくなった」と思ったら、まずは[Assistive Touchをオン]にしたうえで再起動を試してみて、それでも直らないなら修理店でのメンテナンスかホームボタン修理、あるいは基板修理が必要です。

また、iPhoneに液体がかかってしまう「水没」によってホームボタンが効かなくなったと感じた際には、iPhoneの液体侵入インジケータ(水没マーカー)を確認することで、自身のiPhoneが水没しているかどうかを調べることができます。

ホームボタン修理 TIPS画像
◆iPhone各モデルの液体侵入インジケータ
Apple公式サイトにて液体侵入インジケータの位置を紹介しています。
https://support.apple.com

iPhoneを地面に落とす、踏んでしまうなどの強い衝撃により、ホームボタンにヒビが入ったり割れてしまうことがあります。

ホームボタンが割れてしまった場合には、iPhone 6s以前の機種では問題なくホームボタンとして使えることが多いですが、iPhone 7以降の機種ではホームボタンが効かなくなってしまうケースがしばしば見られます。

もしホームボタンが割れたときに問題なく使用できるといった場合でも、割れた部分から水分が侵入する、再度落としてしまうなどの強い衝撃が加わるとホームボタンが完全に効かなくなってしまう可能性があります。
また、割れた部分から内部に水などの液体が侵入すると、ホームボタンだけでなく様々な精密部品に悪影響を与えてしまうといったことも考えられます。
そのため、もし割れたままでもホームボタンが使えるといった場合でも、なるべく早めの修理をお勧めいたします。

iPhone 6s以前に搭載されているホームボタンは物理的に押し込む方式のため、経年劣化により陥没してしまうことがあります。

  • ・ホームボタンを押して離したときにボタンが戻らない
  • ・ホームボタンを押したときに「パキッ」という音がする

などは、ホームボタンの機構が壊れているか小さな異物が混入しているといったことが考えられます。

場合によってはiPhone修理ダイワンテレコムをはじめとしたiPhone修理店で、簡単なメンテナンスを行うことで改善することも可能です。
一方で、完全にホームボタンが埋まってしまっている場合には、ホームボタンの交換修理が必要になる可能性があります。

ホームボタンが反応しない時の対処法

ホームボタンが効かなくなってしまうと、ホーム画面を呼び出すことができず、iPhoneの操作性が著しく低下してしまいます。

iPhoneのホームボタンが一切反応しない場合

  • ・ホームボタンケーブルの断線
  • ・ホームボタン本体の故障
  • ・画面パネルの故障
  • ・基板の故障

などが原因として考えられます。 いずれにしてもパーツの故障と考えられますので、iPhoneの再起動等では改善することがありません。

ここでは、iPhoneのホームボタンが効かなくなったときにやりたいこと、対処法や応急処置について説明していきます。

iPhoneには、ホームボタンの機能を代用してくれる「Assistive Touch」と呼ばれる機能が存在しています。
万が一ホームボタンが反応しなくなった場合には、Assistive Touch機能をオンにすることで仮想ホームボタンを表示することができ、ホームボタンが壊れていてもiPhoneを使い続けることが可能です。

Assistive Touchをオンにする方法

  • 1. 設定アプリを開き、[アクセシビリティ]をタップする
  • 2. [タッチ]をタップする
  • 3. [Assistive Touch]をタップする
  • 4. [Assistive Touch]右側のボタンをタップし、オン(緑色)にする


Assistive Touchをオンにすると、iPhoneの画面上に丸いマークが現れます。
このマークをタップすることで、ホーム画面に戻る操作をはじめとした様々な操作を行うことが可能です。

Assistive Touchの透明度や使用できる操作は設定アプリの[Assistive Touch]から設定を行うことができます。

普段iPhoneを開くときには、ロック画面でホームボタンを押してTouch IDかパスコード入力を使ってホーム画面を開く方が多いかと思われます。
ホームボタンが反応しないと、ホーム画面に戻ることすらできず困ってしまうケースはよく見られます。

ホームボタンが効かない場合に、設定アプリを開けずAssistive Touchを設定できない、という場合には、以下の手順で設定アプリを開くことが可能です。

  • 1. 画面上部から下に向かってスワイプする
    または、電源ボタンを押して画面を消して付け直し、ロック画面を開く
  • 2. 画面左から右に向かってスワイプする
  • 3. 画面上部の検索ウィンドウで「設定」を検索する
  • 4. 「設定」アプリのアイコンをタップする

設定アプリが開けたら、先ほどの手順でAssistive Touchをオンにしましょう。

ホームボタンが効かなくなった場合はAssistive Touchで代用することも可能ですが、できることなら普通のホームボタンを使いたいですよね。
iPhoneのホームボタンはどこで修理を依頼することができるのでしょうか。

iPhoneのホームボタンを修理する方法は大きく分けて2通りあります。

  • ・Apple正規店にホームボタン修理を依頼する
  • ・ダイワンテレコムをはじめ、街のiPhone修理店(非正規店)にホームボタン修理を依頼する

正規店と非正規店のiPhone修理にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、これらの店舗の特徴を紹介いたします。

前提として、Apple正規店でiPhoneのホームボタンを修理する場合には、原則「本体交換」での対応となります。
本体交換ではホームボタンが故障したiPhoneは回収されてしまうため、データの移し替えが必要となります。
データを残しておきたいなら、あらかじめiPhoneのデータバックアップを取っておくのは必須と言えるでしょう。

Apple正規店にiPhoneのホームボタンを依頼する場合、「Apple正規店へのiPhone持ち込み」「配送修理」のどちらかを選択することができます。
「配送修理」はApple公式Webサイトからの申し込み、正規店やApple Storeへの持ち込みの場合でも、事前予約が必要となっています。

持ち込み、配送ともに料金は変わりませんが、持ち込みは事前予約さえしていれば即日で本体交換を行ってくれるのに対して、配送の場合は1週間前後の期間がかかることがあります。

Appleでホームボタン修理を行うメリット

  • ・本体交換のため、iPhoneのキズや汚れなども綺麗な状態で受け取れる
  • ・Apple Storeへの持ち込みなら、即日で新しいiPhoneを受け取れる
  • ・データのバックアップさえ取れば、元のデータを取り戻すことができる

Appleでホームボタン修理を行うデメリット

  • ・Apple Care+を購入していないと料金が高い
  • ・持ち込み、配送ともに事前に連絡が必要
  • ・データバックアップを取らないと、データが消去されてしまう

Apple Care+に加入しているというユーザーで、多少時間が取られても問題ないという方はAppleでの正規修理がオススメです。
正規店に修理を依頼する際には、iCloudかiTunesでのデータバックアップを忘れずに取っておきましょう。

非正規店でのiPhoneのホームボタン修理は、店舗により時間や料金はまちまちとなっていますが、大半の場合で正規店よりも短い期間で、安くホームボタン修理を行うことができます。

また、ダイワンテレコムではホームボタンが効かない症状に対してしっかりと診断を行い、メンテナンスのみで症状で改善される場合には、ホームボタンを交換せずに修理するという選択肢もご用意することが可能です。
ホームボタンの取り付け直しや、クリーニングなどでホームボタンが効くようになれば、より短時間かつ安い価格でホームボタンを直すことができるかもしれません。

もちろん診断のみでのご来店も歓迎いたしますので、お使いのiPhoneホームボタンが不調な時は、ダイワンテレコム各店舗までお気軽にご相談ください。

ダイワンテレコム(街の修理店ホームボタン修理を行うメリット

  • ・データを残したまま修理できる
  • ・事前予約なしで修理が可能(店舗によっては予約が必要な場合もあります)
  • ・正規修理よりも安く済む場合が大半
  • ・メンテナンスやクリーニングを試してみるなど、お客様のニーズに細かく答えられる

ダイワンテレコム(街の修理店ホームボタン修理を行うデメリット

  • ・ホームボタン交換の場合、純正品ではないパーツを使用する
  • ・店舗によって費用がまちまち
  • ・Appleやキャリアでの保証が受けられなくなる可能性がある
  • ・ホームボタン交換を行うとTouch IDが使用できなくなる

ホームボタンの状態によって、メンテナンスから部品交換まで幅広い修理サービスを提供できるのが、ダイワンテレコムに修理をご依頼いただく最大のメリットです。
また、予約なしでの即日修理にも対応が可能となっておりますので、急にホームボタンが効かなくなった際などにご活用いただきやすくなっています。

一方で、ホームボタン交換を行うとTouch ID(指紋認証)が利用できなくなってしまう点に注意が必要です。
ですが、iPhone修理ダイワンテレコムでは出来る限りTouch IDを残したままで症状を改善できるよう、様々なアプローチで診断を行った上で修理を実施いたします。

04月21日

【iPhone8】液晶故障+浸水の重度損傷を当日180分で修理完了!

「バイクを運転しているときに落としてしまいすぐ後ろを走っていた車に踏まれたようで画面がバキバキになった...

[ 松戸店 ]続きを読む

10月27日

水没修理事例

今回は水没修理の事例を2件紹介します!水没修理は基本、分解→洗...

[ 赤羽店 ]続きを読む

07月10日

これから夏のシーズン水没させてしまった時の対処法【3点】

液晶画面左端に白い縦線が画面上部から画面下部まで入っているのが分ります。液晶画面にはヒビ割れ等の傷はありません。こういっ...

[ 姫路駅前店 ]続きを読む

ホームボタン修理をダイワンテレコムに依頼する際に、あらかじめしておきたい事前準備と、ダイワンテレコムでの修理までの流れを紹介いたします。

iPhone修理ダイワンテレコムでのホームボタン修理でデータの消去を行うことはありませんが、なるべくデータのバックアップを作成しておくのをお勧めしております。

iPhoneの修理を行う・行わないに限らず、iOSアップデートの失敗やストレージ容量の不足などでiPhoneのデータが消えてしまう可能性はそこら中に転がっています。
iPhoneのバックアップは自身の大切なデータを守るための手段ですので、常日頃からバックアップの作成は忘れずに行っておきましょう。

しかしながらやむを得ずバックアップを取れないということも多いと思われますので、iPhone修理ダイワンテレコムではバックアップを取っていない状態での修理も可能です。

  • ・バックアップを取る時間がない
  • ・iPhoneが操作できず、バックアップが取れない

といった際には、iPhone修理ダイワンテレコムをぜひご活用ください。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、店頭までiPhoneをお持ち込みいただいて修理を行う「店頭修理」と、iPhoneを郵送いただき修理を行う「郵送修理」をご利用いただけます。

店頭修理・郵送修理それぞれのご利用方法を紹介いたします。

店頭修理 最寄りのダイワンテレコム店舗まで、ホームボタン修理をご依頼いただくiPhoneをお持ち込みください。
店舗やiPhoneの状態にもよりますが、最短30分~1日ほどでiPhoneのご返却が可能です。

事前にご予約を頂きますと、よりスムーズにホームボタン修理をご案内できます。
また、店舗によっては予約割引等のサービスもご用意しております。
ご予約は電話・メール・Web予約で承っておりますので、ぜひご活用ください!
郵送修理 郵送修理お申込みページから、かんたん3ステップでお申込みからiPhoneの修理、ご返却までがご利用いただけます。
店頭修理だけではなく、郵送修理でも症状に合わせた修理のお見積りをお出しすることが出来ます。
iPhoneのご返却までの日数も3日~4日となっておりますので、iPhone修理ダイワンテレコム店舗まで修理に持っていく時間が取れないといった場合にもお勧めのご依頼方法です。

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中