機種一覧

店舗一覧

近接センサーとは、iPhoneを含め多くのスマートフォンに搭載されているセンサーです。
その役割とは、「通話中に頭・耳の接近を感知し、タッチ画面の誤動作を防ぐために画面をロックする」こと。

iPhoneで電話をするときにイヤースピーカーの部分を耳に当てることを想像していただけると分かりやすいですが、通話中には耳や顔がiPhoneのディスプレイに触れることになります。
iPhoneの通話画面には「消音」「スピーカー」「通話の終了」など、通話中に勝手に押されてしまうと困るようなボタンが並んでおり、これらが表示されたままではまともに通話を行うことができません。
そこで画面の誤作動を防ぐために、通話中には近接センサーが動作することでディスプレイが真っ暗になり、タッチ操作がロックされるようになっています。

ここでは、近接センサーの故障による症状と、近接センサーの誤動作による症状を解説していきます。
近接センサーは単純な役割を持った部品なだけに、故障した際には分かりやすい症状が起こります。

近接センサーが正常に動作していない場合、通話中に画面がロックされず、耳や顔がディスプレイに触れることで「勝手に画面が操作される」ように感じられることがあります。

このような症状でお困りの際には、近接センサーの動作テストを行ってみましょう。
もし動作テストで画面がロックされなかった場合、近接センサー部品が故障あるいは誤作動している可能性があります。

通話中に勝手に通話が切れてしまうなどの誤動作、反対に常に画面がロックされてしまうなど、近接センサーの不具合が見られる場合には、簡単な対処を行うことで症状を改善できるかもしれません。
まずはこれらの対処を試してみて、それでも直らないようであれば修理を検討しましょう。

iPhoneの画面に貼り付ける画面フィルム・ガラスフィルムが、画面上部の近接センサーに干渉していないか確認してください。
画面フィルムは近接センサーを塞がないように設計されていますが、貼り付けがずれていると近接センサーを塞いでしまうことがあります。
また、画面フィルムはiPhoneのモデルごとに専用のものが発売されていますので、対応モデルが異なっているフィルムをiPhoneに貼り付けないように注意しましょう。

画面フィルムと同じように、iPhoneの背面に取り付けるスマホケース、スマホカバーが近接センサーに干渉している可能性があります。
対応モデルにあっているスマホケースを取り付けて、近接センサーを塞がないように気を付けて取り付けを行いましょう。

iPhoneのことで困ったときには、再起動を行うのが有効です。
ずっとiPhoneを起動している状態だと、キャッシュなどのゴミがシステムに溜まり、動作が遅くなったり不安定になったりすることがあります。
一度iPhoneの電源を切ったあとにもう一度起動し、近接センサーが動作するか確認してみましょう。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、通話中に勝手に操作されてしまうiPhoneなどを対象とした、近接センサーの修理・メンテナンス・クリーニングを即日対応で承っております。
お客様にご安心してご利用いただけるよう、ここでは具体的にどのような修理を行っていくのかを解説していきます。

  • 修理料金:5,000円~10,000円(機種による)
  • 修理時間:30分~1時間

診断を行い、近接センサー部品が故障していると判断した場合には部品交換で修理を実施します。

iPhoneの近接センサー部品はiPhone 5から最新のiPhone 12シリーズに至るまで、すべてのモデルで画面パネルに取り付けるような構造となっています。
この部品はフロントカメラ・イヤースピーカー端子・環境光センサーと一体型の部品であるため、修理前と修理後には必ずこれらの動作確認を実施し、修理後に不具合が出ないよう細心の注意を払ってパーツ交換を行っております。

また、iPhone X以降のFace IDを搭載する機種では、近接センサー部品の交換を行うとFace IDが使用できなくなってしまう点に注意が必要です。
iPhone修理ダイワンテレコムでは、必ず修理前にお客様に確認を取ったうえで修理を実施いたします。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、お客様にiPhone修理をご利用いただきやすいように2通りのご依頼方法を用意しております。

  • 店頭修理:各店舗の店頭までiPhoneをお持ち込みいただく修理方法
  • 郵送修理:iPhoneを郵送していただき、外に出ることなくご利用いただける修理方法

それぞれのご利用方法を紹介いたします。


店頭修理 お近くのiPhone修理ダイワンテレコムの店頭まで、近接センサーの修理をご依頼いただくiPhoneをお持ち込みください。
iPhoneの状態やご依頼いただく時間帯にもよりますが、最短30分~1時間ほどでiPhoneをお返しいたします。

事前にお電話・ご予約いただきますと、スムーズに修理をご案内いたします。
また、発生している症状をヒヤリングし、おおむねのお見積りをお伝えすることも可能です。

店舗によっては予約による修理料金の割引等のサービスがございますので、ぜひご活用ください。

郵送修理 郵送修理のお申込みフォームより、郵送でのiPhone修理サービスをご依頼いただけます。
iPhoneを郵送いただいてから即日修理、そのまま郵送でご返却いたしますので、最短3日で修理したiPhoneをお手元にお届けいたします。
お問い合わせいただいた内容を元にお見積りを作成いたしますので、修理内容・修理料金ともにご納得いただいたうえで修理をご依頼いただくことが可能です。

ご自宅にいながらご利用いただけますので、お近くにiPhone修理ダイワンテレコムの店舗がない地域にお住まいの方や、ご来店いただく時間が取れないという方にもお勧めの修理方法となっております。

iPhoneの近接センサーによく見られる不具合、対処法、修理方法などを解説してきました。
要点をおさらいしていきましょう。

  • ・ iPhoneの近接センサーは、インカメラ付近の小さい穴に設置されている
  • ・ 通話中に勝手に操作されてしまう症状は、近接センサーの不具合
  • ・ 通話を終了しようとしても画面が真っ暗な場合でも、近接センサーが悪さしている可能性あり
  • ・ 画面フィルムやケースが近接センサーに干渉していないか確認しよう
  • ・ 対処を行っても症状が直らない場合、修理に出そう
  • ・ iPhone修理ダイワンテレコムは店頭・郵送修理に対応、近接センサー修理はおまかせ!

普段からiPhoneでよく通話を行うiPhoneユーザーの方は、近接センサーの調子が悪くなると非常に不便に感じられてしまうかと思われます。
通話中のiPhoneの誤動作は、そのほとんどで近接センサーが正常に動作していないことが原因で発生します。
もし、お使いのiPhoneで通話中の動作がおかしいと感じられることがありましたら、近接センサーを疑ってみましょう。

iPhone修理ダイワンテレコムでは、近接センサーの修理・メンテナンス・ご相談などを随時受付しておりますので、「あれ?」と思うことがあればお気軽にご相談ください!

最短2日!
郵送修理受付中