iPhone間のデータ移行、まさかの「有線で直結」が可能に?

[2019/07/06]

最新ios13ベータ版からの手がかり

 

 

開発者向けiOS13ベータ版にて、iPhoneの今まで面倒だったデータ移行時に

「iPhone同士を有線ケーブルで直結して、データを転送できる」可能性を示唆する

手がかりが見つかったと報じられていました。

現状では、iOSデバイスに別のiOSデバイスからデータを転送する手段は2つ。

1つはiTunesないしはiCloud上のバックアップから復元すること。

もう1つは同じApple IDでログインして、iCloud経由かつワイヤレスでコピーすること。

いずれにせよ「iOSデバイス同士を有線ケーブルで接続する」という選択肢はありませんでした。

しかし、米アップル関連情報サイト9to5Macは開発者向けiOS13ベータ版のアセット

(OSが使用するデータ資産)から、Face ID付きのiPhoneとTouch ID付きのiPhoneを

ケーブルで接続したようなアイコンを発見。

さらに関連するコードスニペット(頻繁に使用する記述パターン)に

「転送が完了するまで他のiPhoneをこのiPhoneに接続して電源を入れたままにしてください」

とユーザーへの要求メッセージが含まれていたと報告しています。

 

本当に実現するのであろうか? 

しかし「iPhoneからiPhoneへのケーブル経由データ転送」が実現するとして、

問題はしれっとアイコンに描かれているケーブルをどうするのかでしょう。

記事執筆時点ではiOS13でサポートされているiPhoneはすべてLightningポート採用。

しかしアップル公式には(おそらくサードパーティ製品でも)LightningとLightningを

つなぐケーブルは販売されておらず、どのようにしてiPhone同士を有線接続するのかは不明です。

 この件につき、米アップル関連情報サイトの予測は2つ。

1つは今年秋のiOS 13公式リリースに合わせて、アップルがLightning-Lightningケーブルを

発売すること。もう1つは、やはり9月に発売が予想されているiPhone2019年モデルの一部につき、

Lightningに代えてUSB-Cポートが採用される可能性です。

すでにアップルは、USB-Cポートを備えたMacとiPhoneをつなぐ

USB-Cポート→Lightning発売済みです。

 実際、米Bloombergは今年初めに「アップルは今年のiPhoneにつき、Lightningポートの

代わりにUSB-Cコネクタを含む何個かのバージョンをテスト中」との噂を報じていました

USB-Cの拡張性の高さはiPad Pro(2018)でも実証済みですが、

iPhoneでもそうした恩恵を受けられる日が近いのかもしれません。 

 

Photo:engotget

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険