iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iOSやmacOSに深刻な脆弱性が発見!最新のiOSにアップデートが必要になります!

[2018/11/08]

ダイワンテレコム姫路店でございます!
本日11月8日も営業しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

iPhoneに関する記事の久々の更新です。
最近発見されたアイフォンのiOS問題になります。

現在iOS12シリーズがアップデートされ、更新をされている人もおられるかと思います。
アイホンはiOSが最新のものになると不具合が多くなることもあるのでまだされていないという方もおられるかと思います。
iOS12にされていない方には注意喚起となります!
内容ですが、iOSやmacOSに脆弱性が発見され攻撃を送られるとiPhoneが乗っ取られてしまうかもしれないようになっております!

どういった脆弱性なのか


これはiOSやmacOSの中核部分であるシステムカーネルの「XNU」に2種類の深刻な脆弱性が発見されたとのことです。
ネットワーク経由でiPhoneやMacが乗っ取られる危険性がある脆弱性となり、アメリカのセキュリティソフトウェア企業Semmleが現地時間10月30日に公表。
世界の13億台以上で動作するiOSやmacOSといったApple製OSの中核部分である、「XNU」と呼ばれるシステムカーネルに2つの深刻な脆弱性があるとのことです!

この脆弱性ですが、
①攻撃者がネットワーク経由で悪意あるIPパケットを送り込むことにより、標的のデバイスがバッファオーバーフローと呼ばれる状態になってしまいます。
不正なコードが実行されてしまうと端末を乗っ取られる危険性が生じるというものです…。
公表をした会社はMacBook・iPhone・iPadでこの脆弱性の存在を確認しております。
脆弱性についてはAppleに報告済みということもあり、Apple側は9月にリリースされたiOS12とmacOS Mojaveで脆弱性への対処を完了しているとのことです。

②ネットワーク経由でファイルにアクセスする際に使用されるNFS(Network File System)と言われるシステムの問題で、これはmacOSに影響します。
この脆弱性を突いた攻撃者は、悪意あるNFSボリュームをマウントして一般の管理者権限よりも高い特別な権限を獲得してしまいます。
これによりディスク上のファイルに勝手にアクセスして読み取りや書き換え、消去ができてしまうようになってしまいます!
以上の点を利用されてしまうとアイフォンの乗っ取りや壊れてしまうようになるので十分に注意が必要です!

現在、iPhoneやiPadで動作する最新版のiOS12ですが、10月29日時点では60%のiOS端末にインストールされています。
残り40%の端末は深刻な脆弱性を持ったまま動作していることになります!
公表をした会社は、「最新版へのアップデートを強く推奨する」と注意を呼びかけています!
対策も含めiOS12に更新されることをオススメ致します!
※iOS12にすることによりソーシャルゲームや一部アプリが正常に作動しないといった場合もあります。お使いされているアプリの情報をよくお読みいただいたうえで自己責任のアップデートをされてください。

姫路店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険