2019年のiPhoneはライトニング端子廃止?

[2018/06/28]

こんにちはダイワンテレコム池袋東口店の藤本です。

2019年発売予定のiPhone新機種への関心が高まっているこの頃、また新たな噂が立ち始めたので紹介したいと思います。

 

2019年のiPhoneはライトニング端子廃止?

2019年モデルのiPhoneはライトニング端子に代えてUSB-C端子が搭載される可能性が噂されています。

台湾の業界紙によると「Appleは次世代のiPhoneとiPadの充電器と関連インターフェースを再設計しており、2019年のiPhoneにはUSB-Cが搭載される可能性が高い。」と報じております。

 

メリットデメリット

AppleはMacBookシリーズの端子をUSB-Cに統一しています。

なので新しいiPhoneがライトニング端子の場合、ライトニング端子にささるように変換コネクタを購入するかUSB-C-ライトニングケーブルを別で購入する必要があるようです。

なので実は昔からiPhoneからライトニング端子がなくなる噂はあったようです。

USB-Cになることで急速充電ができるようになるのと複数のデバイスの充電用・通信用ケーブルを一本でまとめる事が出来るのはメリットですが今までiPhone使ってきた人からすると不便なのかもしれません。

しかしながらライトニング端子が導入されてから7年が過ぎ端子規格としての寿命を迎えるとも言われております。

 

充電方法の進化の影響

ジャック端子がなくなっていくのは止められないかもしれません。

既にiPhone8以降はワイヤレス充電機能が追加されています。

ワイヤレス充電が普及しワイヤレス充電が当たり前になればケーブルレスは近い将来十分あり得る未来だと思います。

iPhone7でイヤホンジャックが廃止された時も大きな反響を呼びました。

しかしライトニングイヤホンが各社から発売されたりと、ライトニング対応の周辺機器も充実しつつあります。

そういう傾向をあえて無視しライトニング端子を廃止しそうなのがAppleさん。

どうなるか動向が目を離せませんね。

 

記事参考元:engadget日本版

 

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険