iPhoneの充電が出来ない?!原因とは?

[2020/06/10]

ダイワンテレコム池袋店です。普段使っているiPhoneが充電できなくなった時、かなり焦りますよね?

電池残量がゼロになるとすべての昨日が使えなくなってしまいます。そして電話をかけることもメッセージの送受信もできません。

様々な事が起きてしまう充電不良ですが、仕事や私生活などに大きな影響を与えることになってしまいます。

「スマホ依存症」というワードが目立ち始めた昨今ですが、人によっては耐えられないような深刻な破損です。特にスマホを仕事で使っているユーザーにとっては痛手です。

故障原因はとても多種多様です。今回はその故障原因を解説していきたいと思います。

 

故障原因

・水没による破損

水没でまず故障する箇所というのが、バッテリーか充電口にります。充電口のケーブルとの接点がショートしてしまったり腐食してしまう事によって起きてしまう現象です。

この場合はパーツの交換で修復することが可能です。

 

・基板本体の破損

強い衝撃や上記の水没などで、基板側が破損してしまう状況です。充電ICチップや基板についている端子そのものが破損してしまう事によって充電が出来なくなってしまうケースです。

この場合、必然的に基板修理となります。

 

他にもお客様が使用しているケーブルや電源アダプターなどが破損しているケースもあります。この場合は買い替えるだけで済みますね。

もし、破損かな?と思ったらまずはケーブル周りから確認してみるとよろしいでしょう。

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

あわせて読みたい記事

修理メニュー

iPhone

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中