iPhone修理は池袋駅徒歩1分のダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

Appleが折りたたみiPhoneの開発か!

 

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

Appleが申請した特許から、折りたたみ可能なiPhoneの開発を手掛けている事が判明したとの事です。

 

iPhoneの画面を三つ折りに

折りたたみスマートフォンに関してはSamsungやHuaweiなど既にリリースをしています。

特にGalaxy FoldシリーズやGalaxy Z Flipなどの折りたたみスマートフォンには力を注いでおり、精力的に市場に展開しています。

またその技術力の高さから注目も浴びています。

現在、リリースされている主なブランドはSamsungやHuaweiですが、Appleも数年前から折りたたみスマートフォンには注目しており、度々折りたたみiPhoneの特許を申請してきました。

今回新たに申請された折りたたみiPhoneに関する特許は様々な折りたたみ方法が想定されています。中でも注目なのがヒンジを駆使しパネルを三つ折りにする方法が考察されている事です。

 

折りたたみスマートフォンはコンパクト化が実現できるというメリットもある反面、その構造からディスプレイが傷つきやすくなるといった課題があります。

ディスプレイの折りたたみを可能にするにはガラスコーティングが出来ない為です。

実際に最新のGalaxy Z Fold2も爪で引っかき傷がついてしまうという報告もあがっています。

こうした課題にAppleは2枚のディスプレイを1枚に見せる特殊な技術を開発しているとの噂や特殊な素材で出来たレイヤーをディスプレイにコーティングする事でセルフリペア機能を搭載する計画があるとも報じられています。

 

折りたたみiPhoneは2023年登場か

申請された特許が全て製品化されている訳ではございませんが、今後、新たなステップとして更に折りたたみスマートフォンが市場を賑わせる可能性があります。

最近もリーク情報にに詳しいIce universe氏は「Appleが折りたたみiPhoneのディスプレイサンプルをSamsungに発注した」と述べているだけでなく、リーカーのジョン・プロッサー氏も2022年~2023年に折りたたみiPhoneの登場を予想、ディスプレイ業界の情報に詳しいロス・ヤング氏も2023年秋に折りたたみiPhoneが登場すると予測している等、前向きな観測が見られます。

時代は繰り返されるといいますが、ガラケー時代も終盤は折りたたみが主流になっていましたよね。

スマートフォンでも折りたたみが主流になる時代が来る可能性は十分にあるのではないでしょうか。

 

引用元:WindowsUnited

引用元:鳳凰網科技

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810