米フロリダ州銃乱射犯のiPhone、Appleはロック解除に応じず

[2020/01/14]

こんにちは。 ダイダンテレコム池袋店 です。

当店ではデータ復旧サービスを行っておりますが、パスコードの解除やパスコードを間違えて「iTunesに接続してください」のモードからデータの救出を行えませんかとのお問い合わせも多くございます。これにつきましては、FBIや多くの有名なハッカーでも不可能な復旧作業となります。

しかし、上述のロック解除を容疑者のiPhoneの解析のために、FBIはアップルに協力を要請したものの、拒否されたことが分かりました。

FBIは苦言を呈している

iPhoneのロックシステムは非常に堅牢で、容易に破ることはできません。

そのため、CellebriteやGrayshiftといった民間企業がロック解除ツールをリリースしていますが、Apple側もロック後1時間でiPhoneとUSB機器の接続を無効化する仕組みを採用するなど、いたちごっこが続いています。

こうしたことからアップルへ協力を依頼するしか方法はないのです。2019年12月に米フロリダで発生した銃乱射事件のiPhoneについては「実質的な支援」を断られてしまったそうです。

FBIは、AppleにiPhoneのロック解除のための助けを要請する書簡を送ったとされています。昨年12月に起こった銃撃事件のモハマド・サイード・ルシャムラニ容疑者は2台のiPhoneを所有していました。

Appleは素早く協力したと反論

ロック解除を断った(正確にはバックドアを設けていないため、ロック解除できない)のは事実ですが、実質的な支援を断られたとする言い分に対して、Appleは真っ向から反論しています。

Appleの言い分は、自分たちは出来る限り捜査に協力しており、「実質的な支援を得られなかった」とするFBIの言い分は印象操作だと言いたいようです。

こうしたFBIとAppleの衝突は今回が初ではなく、2015年12月にカリフォルニア州で発生した銃乱射事件では、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が声明を発表する事態にまで発展しております。

2015年当時からティム・クックCEOは、「個人情報の安全性に妥協を認めれば、それは個人の安全を危険に晒すこととなり、これこそが、暗号化が誰に対しても重要である」と話しています。

ルシャムラニ容疑者は、警官に射殺される前に自身のiPhoneに対して発砲したため、ロック解除がさらに難しくなっているとの情報もあります。

source:NBCNEWS

source:apple insider

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

あわせて読みたい記事

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険