錦糸町でiPhone修理なら総務省登録修理店ダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhoneのバッテリーの最大容量の確認方法と長持ちさせる方法

[2020/06/17]

こんにちは、ダイワンテレコム錦糸町店です(^^)/

 

 

突然ですが、iPhoneに使われているバッテリーをご存知ですか?

 

iPhoneに使われているバッテリーはリチウムイオンバッテリーで、このバッテリーは経年劣化していく消耗品でもあります。

 

今回はiPhoneのバッテリーの状態を調べる方法と長持ちする方法をご紹介したいと思います!!

 

こんにちは、ダイワンテレコム錦糸町店です(^^)/

 

 

突然ですが、iPhoneに使われているバッテリーをご存知ですか?

 

iPhoneに使われているバッテリーはリチウムイオンバッテリーで、このバッテリーは経年劣化していく消耗品でもあります。

 

今回はiPhoneのバッテリーの状態を調べる方法と長持ちする方法をご紹介したいと思います!!

 

バッテリーの最大容量の確認方法

まず、iPhoneの『設定』というアプリから『バッテリー』を選択し、『バッテリーの状態』をタップするとバッテリーの状態を確認できます。

 

この機能ですが、<iOS11.3>から使えて、「iPhone6」以降に起こる突然のシャットダウンを防ぐための機能でもあります。

 

バッテリーの交換の目安としては、使用期間が2年もしくは最大容量が80%台になっていたら交換のタイミングですので一度確認してみてください(*^^*)

 

 

バッテリーを長持ちさせる方法

続いてバッテリーを長持ちさせる方法をいくつかご紹介します!

 

 

1.なるべく純正の充電器を使用する

 

iPhoneの充電ケーブルはできるだけ純正のものかMFI(Made For iPhone/iPad/iPod )の認証を受けた製品を選ぶようにしてください!

 

理由としては、低品質のケーブルだとバッテリーの供給が安定せずiPhoneに悪影響を及ぼす危険性があるので極力、純正品ではないケーブルでの充電は避けましょう。

 

2.バッテリーの過電圧をしない

 

100%の状態で充電したまま放置するのは、バッテリーの寿命を縮めていまいます。また、基盤にもダメージがいってしまいますのでを及ぼすので充分気を付けましょう。

 

3.バッテリーの温度管理に気を付ける

 

リチウムイオンバッテリーは極端な温度に弱い特性があります。

 

iPhone自体も高温に弱く、iPhone動作時の適正な環境温度は0℃~35℃と指定されているそうなので、できるだけiPhoneを高温にさせないように気を付けましょう。

 

まとめ

バッテリーの最大容量の確認方法と長持ちさせる方法をご紹介しましたが、どれも難しいものではないのでぜひ試してみて下さい(´-`*)

 

この記事を書いた店舗情報

錦糸町店

130-0013
東京都墨田区錦糸3丁目3−3錦糸ビル 3階

03-5637-8797

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中