iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhoneのバッテリー交換の最適なタイミングって?

[2019/02/05]

松戸駅東口から歩いて1分、iPhone即日修理のダイワンテレコム松戸店です。

今回は1年を通してご依頼の多い「iPhoneのバッテリー交換」について、修理者目線で解説をしたいと思います。

 

 

iPhoneのバッテリーの特徴は?

 

iPhoneやiPadなどのデバイスに採用されているバッテリーは「リチウムイオン」という種類のもので、他のバッテリー技術と比べて

・素早く充電できる

・より長持ちする

・高い出力密度により小型・軽量化される

というメリットがあり、iPhoneやiPadだけでなくandroidスマートフォンや一部の電気自動車、家庭用蓄電池にも搭載されています。

また、一部のバッテリー技術と異なり、再充電をする前に100%使い切る必要が無くいつでも好きな時に充電できるので、1回のフル充電サイクルの考え方は図のようになります。

 

なお、バッテリー動作の最適な周囲温度範囲は16℃~22℃で、0℃以下または35℃以上など極端な低温や高温に長時間さらされると損傷を受ける場合があり、季節の変わり目などは注意が必要です。

 

 

 

iPhoneのバッテリーの寿命ってどのくらい?

 

高性能でiPhoneに最適なリチウムイオンバッテリーですが、他のバッテリー技術と同様消耗品ですので耐用年数には限りがあります。

Apple公式サイトによると、さきほどの図にあるフル充電サイクルを500回繰り返した際に本体の容量の最大80%を維持できるように設計されているとのことなので、大体1年半ほどで劣化が起こっているケースが多いようです。

なお、以前は「100%にフル充電した後もケーブルを挿しっぱなしにし続けると劣化が早まる」と言われていましたが、現在は劣化が起きにくいよう設計されているそうです。

 

 

 

バッテリーが劣化するとどうなる?

 

iPhoneのバッテリーが劣化してくると

・iPhoneが熱くなる

・バッテリーの減りが速くなる

・Safariや各アプリの立ち上げが遅くなる

・画面が暗くなる

・スピーカーの音が小さくなる

・カメラなど一部機能が使えなくなる、動作が不安定になる

・突然iPhoneの電源が落ちる(シャットダウン)

・充電ケーブルを挿しても充電できなくなる

・充電ケーブルを挿した瞬間にバッテリー残量が急に増える

など、様々な症状が出てきてSNSやメール、電話、ゲームなどをする際にスムーズな動作ができずストレスが溜まってしまう状況になります。

 

また、劣化が進むとバッテリーが膨張する場合があり、

・液晶画面が浮き上がり側面に隙間ができる、耐水機能が無くなる

・液晶画面に干渉してしまいタッチ反応が鈍くなる、画面が映らなくなる

・ホームボタンや音量ボタンが押しづらくなる、反応しなくなる

・基板に干渉してしまいiPhoneが修理不可の状態にまで故障してしまう

など重症化したり2次故障に繋がる可能性が高くなります。

 

《バッテリー膨張による液晶画面故障例》

《膨張したバッテリー》

 

 

バッテリーを長持ちさせるためには?

 

iPhoneを24回または48回の分割支払いで購入される方も多いと思いますので、支払いが完了するまではなるべくバッテリーが劣化しないようにしたいですよね。

バッテリーの劣化を遅らせるためには

・最新のソフトウェア(iOS)にアップデートする

・0℃以下や35℃以上など極端な周囲温度を避ける

・低電力モードを利用する

・画面の明るさを落とす、明るさの自動調整をオンにする

などを行なうことが有効です。

 

なお、iPhoneのバッテリー交換のご依頼が増える時期は夏と冬なので、特に「極端な周囲温度を避ける」ことは非常に重要だと考えています。

 

 

 

バッテリーを交換するタイミングと方法は?

 

上記をまとめると、「フル充電サイクル500回」「バッテリー膨張による2次故障が起きる前」がポイントなので、iPhoneご利用から1年半くらいでまだ劣化が軽度な時がバッテリー交換の最適なタイミングと言えます。

なお、iPhoneのバッテリー交換はAppleStoreなど正規店で行なう方法とダイワンテレコム松戸店のような街の修理店で行なう方法があり、

・iPhoneを購入して1年以内で本体に傷やへこみなど損傷が一切無くバッテリーの初期不良が認められる状態

・AppleCare+加入後2年以内で修理利用回数が0回または1回

の条件に当てはまる際はAppleStoreなど正規店がお薦めです。

ただし、なかなか修理予約が取れない場合があったり初期化によりデータが消えてしまうので注意が必要のようです。

 

なお、iPhone購入後1年以内でも本体に傷やへこみなど損傷がある場合やAppleCare+未加入・加入後2年以上が経過している場合で、なおかつ『バックアップしていないからデータを初期化したくない』『すぐにバッテリー交換をしたい』時は是非ダイワンテレコム松戸店にお越しください。

当店では即日最短10分~・初期化しないのでデータはそのまま・3か月のアフター保証付きでiPhone5~iPhoneXのバッテリーをすぐに新品に交換いたします。

 

【バッテリー交換料金(税別/工賃込み)】

iPhone5/5s/5c/SE/6      3,800

iPhone6Plus/6s/6sPlus  4,800

iPhone7                            5,800

iPhone7Plus                     6,800

iPhone8/8Plus                 7,800

iPhoneX                            8,800

 

 

まとめ

iPhoneのバッテリー交換はご購入から大体1年半が目安になりますが、重症化を防ぐためにも早めの交換がポイントです。

AppleCare+加入の有無やデータ初期化など幾つかポイントがありますので、ぜひこの記事をご参考にしてみてください。

 

 

 

Web予約は こちら から!

電話予約は 047-711-5069 まで!

(10~20時:水曜定休)

 

source:Apple

source:Apple

Photo:Pixabay

松戸店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険