コピーパネルと再生パネルの違い【その1】

[2017/11/25]

液晶パネルの構造


液晶パネルは《液晶》と《ガラス》がセットになった部品です。
なので、「画面割れ」「液晶不良」と修理項目は分けられていますが、修理店で交換する部品は画面割れでも液晶不良でも同じなんです。
では、なぜ交換する部品が同じなのに修理金額が違うか?
答えは簡単です。

液晶が再利用できるかどうかの違いなんです。
「画面割れ」=液晶には全く問題が無い状態=再利用
「液晶不良」=タッチ操作や変色箇所がある状態=再利用不可

パネルは2種類

当店では[コピーパネル][液晶再生パネル]の2種類をご用意しております。
[コピーパネル] 《液晶》《配線《ガラス》全てコピー品を使用して作られたパネル
[再生パネル](高品質オリジナル液晶) 《液晶》《配線はオリジナルのままで《ガラス》はコピー品を使用して作られたパネル

品質と特徴

[コピーパネル]
保証期間:3ヶ月
色味:青みがかっている、色あせている、明暗/濃淡がある
タッチ操作:純正に比べると多少劣る
画面手触り:純正に比べると多少劣る
iOS対応:今後アップグレードすると対応できない可能性がある
解像度:一見では純正とは分からない程度ですが純正よりも劣ります
補足:IC、Felica、改札口などの非接触型ICカード機能を使用した際に画面が固まることがある。


[液晶再生パネル]
保証期間:12ヶ月
色味:オリジナル同等
タッチ操作:オリジナル同等
画面手触り:オリジナルとほぼ同等
iOS対応:オリジナル同等
解像度:オリジナル同等
補足:強固に接着されている為、ベゼル浮き(画面浮き)や液晶圧変色が起こりづらい

コピー品と再生品(オリジナル)の見分け方

外見からだと見分けはつきませんが点灯画面やパネル裏からみると一目瞭然です。
液晶
オリジナル液晶再生パネルに比べるとコピー品はやや暗め、青みがかってて見えます。
写真では色の違いはさほどないように感じますが、実物でみると明らかに違いがわかります。角度を変えると更に分かりやすいです。

液晶パネルの裏側
液晶パネルの裏側は更に分かり易いです。

コネクタ配線が小さくコンパクトに作られているのがコピー品です。
(全てのコピーパネルの配線が小さい訳ではありません)
コピー品はコスパは良いですがハードウェア、ソフトウェアの面からすると純正の液晶には劣ります。
普段、Felica(非接触型ICカード)などを使わない方ならオススメの商品です。
オリジナル液晶再生パネルはオリジナル液晶パネルを使用しているので交換後もiOSアップデートやFelica(非接触型ICカード)の使用も安心してご利用いただけるので大変オススメです。

また、コピー品とオリジナル品を比べやすい様に実物は店頭にてご用意しておりますで受付時にご覧ください。

 

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険