【iPhone X Plus】2018年の次世代iPhoneは3つのモデルが登場| iPhone修理のダイワン

iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

【iPhone X Plus】2018年の次世代iPhoneは3つのモデルが登場

[2017/11/19]

 

こんにちわ

iPhone修理専門店

ダイワンテレコム大宮店

修理スタッフYKです。

 

 iPhone Xが発売されて2週間が経ちますが、発売日当日に購入できなかった方はiPhone X生産性の改善でより早く入手することができるようになっています。既にiPhone Xを購入された方からは不評の声を耳にしますが、総合的には高評価を得ているようです。従来のiPhoneとは操作性が異なり、ホームボタンレス操作に慣れるまでやや時間がかかるみたいですが、慣れてしまうと従来のiPhoneに戻れなくなるほど快適という報告も寄せられています。

 

そんなiPhone Xですが、早くも2018年の次世代iPhoneの噂が海外メディアで取り挙げられています。

 

【5.8インチ、6.5インチ、低価格6.1インチLCDモデルを来年発売】

 海外メディアサイト”MacRumors”の記事によると、AppleはOLEDディスプレイ(有機EL)を搭載した5.8インチ6.5インチモデルLCDディスプレイを搭載した6.1インチモデルを2018年に発売すると、台湾KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏が述べています。更に、Kuo氏は3つのモデルともベゼルレスデザインとiPhone XのようなTrueDepthカメラ(Face ID)を搭載することを予測しています。5.8インチモデルiPhone Xの第二世代モデルという位置付けで、6.5インチではPlusモデルとして発売されるのではないかと予想されており、MacRumorsでは、6.5インチモデルを仮に「iPhone X Plus」と呼んでいます。しかし、5.8インチモデルでは既に発売されているiPhone Xと同じディスプレイ、サイズであることから、2018年はまた別のモデルとして新たに名称が変更されることが考えられます。

画像元:台湾KGI証券

 2018年に発売されると予測されている3つのモデルは上記写真になります。5.8インチモデルでは1インチあたり468ピクセルを持つと見込んでおり、第2世代iPhone Xのディスプレイは1,125x2,436の解像度を持つと言われています。Kuo氏によると、6.5型モデルは約480~500 PPI、6.1型モデルは320~330 PPIと推定されると語っています。6.1インチモデルは低解像度の従来のiPhoneと同じLCDディスプレイを搭載し、米国で649ドル~749ドル(約7~8万円)の推定価格でローエンド・ミッドレンジの市場をターゲットにしていると語っています。

 

 

引用サイト:MacRumors 

大宮店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険