iPhone修理は渋谷駅徒歩3分のダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPhone12mini / 12Pro MAXの分解動画が公開!

ダイワンテレコム渋谷店です。iPhone12miniとiPhone12Pro MAX、最新モデルの最小サイズと最大サイズが発売されたばかりになりますが早くも両方のスマホを分解した動画が公開されているのです。今回の分解はドイツの電子機器修理会社Kaputt.deから発信されたものです。両スマホをそれぞれ解体していく動画が収録されています。

 

iPhone12Pro MAXについて

昨年のモデルに引き続きL字型のバッテリーを採用していると判明しました。しかし、iPhone11ProMaxの容量が3969mAhだったのに対し、今年の12ProMAXのバッテリー容量は3678mAhに減っています。電力の効率化が行われているので容量が少なくなってもバッテリー持続時間は変わらないとの事です。実際にAppleの比較でも同じカタログスペックとなっています。

分解動画は下のURLから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=pm4J8HTUnLA

 

他に指摘されているのは本体の分解が比較的簡単で開けやすいという事です。そしてディスプレイとタッチスクリーンのケーブルが1本にまとめられていることも明らかとなりました。

 

iPhone12 miniについて

iPhone12miniのバッテリー容量はミニサイズの2227mAhで認証データべーずに記載された数値の裏付けがとれたような形になっています。iPhoneSE第2世代の1821mAhのバッテリー容量を上回っているので使う分にはそこそこバッテリー持ちは良くなっている感じですね。

分解動画は下のURLから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=ei_FwsC0rBw

 

その他の指摘としては分解の難易度が比較的高めとの事です。SIMモジュールが基板にハンダ付けされていることも確認されています。また分解でおなじみのiFixitもiPhone12miniの分解を序盤だけ公開しています。そこではアンテナが非対称である事が指摘されています。恐らく小さな本体に詰め込むための十分なスペースが確保できていないことが推測されます。iPhone12とほぼ同じカメラモジュールが内蔵されながらもLiDARセンサーがある場所を埋めるプラスティック製スペーサーがないことが明らかとされています。

 

修理は結構簡単かも?

iPhone6シリーズからiphone11シリーズまで本体が丸みを帯びていましたね。その分分解は難しく、一つでも間違えてしまえば傷がついてしまうという状況でした。しかし、角ばったデザインになったことで分解がしやすくなったのは確実といえますね。当店ではしっかりと研修、経験を積んだスタッフが在籍しております。もし最新機種でも破損させてしまった場合でも問題なくご対応可能となっております。

Photo:kaputt.de

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0041
東京都神南1丁目20−15和田ビル2階

0120-790-768

店舗一覧