iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

バッテリーを交換する前にしておきたいこと①

[2018/01/09]

こんにちは〇彡

 

ダイワンテレコム渋谷道玄坂店です!!

 

2018年も5日が過ぎましたね。

お休みの期間はあっという間に過ぎてゆきましたね……

特に何もしていないのに、時は無常に過ぎてゆくのですね……

今年はもう少し実のある年にしたいですね……

よし、頑張ろう(´・ω・`)

 

バッテリーは暑さに弱い

 

これは周知されたことではないでしょうか?バッテリーに限らず、機械は熱を嫌います。iphoneのバッテリーは周囲温度が35℃を超えると、容量に重篤な損傷を与える可能性があります。一度傷ついたバッテリーは直るなんてことはありません。そんな負傷のバッテリーを使い続けていると、より深刻な損傷を与えることになりうるので、温度管理はしっかりと行いましょう。

今の季節だと、ストーブやこたつの中、あと地味に多いのはカイロの入ったポケットに一緒に保管してしまいがち!!

 

バッテリーは寒さにも弱い!?

 

最近こんなことがありました。

 

1日の仕事が終わり床に就こうとしていました。

寝ている時に暖房をつけると喉がカラカラになってしまうので、暖房はつけずにぬくぬくのお布団でスヤリ(-_-)zzz

iphoneは目覚ましをかけて、布団から少し離れた机に置いていました。

そして翌朝、凍えるような寒さで布団から出られず、ようやく目覚ましを止めにiphoneを操作すると……

数分もせずにシャットダウン!!

iphoneは氷のように冷たくなっていました(´;ω;`)ウゥゥ

実家にいた時はこんなことは無かったのに!!?

 

バッテリーの最適周囲温度は16℃~22℃だと言われています。冷蔵庫に入れたような低温状態になると、本来の性能を発揮することができず、充電容量が落ちたり電源が落ちてしまいます。

 

・40パーセントあったのに電源が落ちた

・iphoneが冷たい

・充電の残量がコロコロ変わる

 

以上のような症状が見受けられる場合は、デバイスの温度変化も気にした方が良いでしょう。

 

冷え性iphoneの対処法

 

処置は実に簡単!“温める”に限ります!

しかし、ドライヤーやストーブ、こたつなんかで急に温めると、内部で結露が発生して最悪の場合は水没してしまいます。タオルにくるんだり、ポケットに入れたり、人肌で包み込んであげたり……とにかく自然解凍が良いでしょう。

そもそも氷のように冷たくならないように、アルミ製等、外気の影響を受けやすいようなカバーは避けましょう。今の季節だともこもこのカバーとか、レザーのカバーだと年中使いやすくて良いかと思います。

 

最適周囲温度16℃~22℃を目安に、iphoneに余計な負担をかけないようにしましょう♪

 

出来ることはやったのにダメだった

 

それでも全然回復しない場合は、残念ながらバッテリーが劣化してしまっているでしょう。2年以上経過している場合は、単純に経年劣化によるものだと考えられます。この場合は、これ以上本体に損傷を与えないように、できる限り早くバッテリーを交換することをおススメします。

 

バッテリーの性能はなかなか分かりずらいところが多いです。

「なんかちょっと変な気がする」と曖昧な状態でも、是非ご相談ください。

勿論、ご検討だけでもOKです!

 

出来る限りのアドバイスはいたしますので、お気軽にお越しくださいね☆彡

 

バッテリーを交換する前にしておきたいこと②

バッテリーを交換する前にしておきたいこと③

渋谷店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険