iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhoneX早くも生産数減速

[2018/01/30]

昨年11月に発売したiPhoneXが早くも生産数の修正がされたそうです。

 

原因は価格か?

 

 

修正された生産数は2,000万台

当初予定されていた台数が4,000万台だったのにくらべ半分の台数へと

下方修正されたようです。

発売当初は予約が殺到し、Applestoreにもかなりの行列ができていました。個人的にはかなり売れたのではないのだろうかと思っていましたが、実際はマイナスだったんですね・・。

 

Nikkei Asian Reviewによれば、iPhoneXの年末シーズンの売り上げはヨーロッパ、アメリカ。中国などの要となる市場で予想以上に低く、そこまで響かなったこともあり今回同モデルの台数目標を2,000万台へと修正したとのことです。

 

iPhoneXは有機ELディスプレイが搭載されているため、コストも非常に高く一会社がディスプレイパネルの生産を独占していることもあって、部品の単価も高くなり結果的に10万を超える高価格にならざるを得ないといわれているようです。

 

Nikkei Asian Review

 

解決策はあるのか

 

AppleではLCD搭載iPhoneを製品ラインアップに保持することで、OLEDディスプレイパネルの生産独占態の緩和を試みているとされています。反対にLCD搭載モデルであるiPhone8Plusやアイフォン7の生産台数目標は3,000万台と当初の予定に今のところ変更点などはないようです。

 

しかし、iPhoneXの生産台数半減は、Appleサプライヤーにとっては大きなダメージとなるため、数千億円規模の損失がもたらされるといわれています。

 

iPhoneの生産が今年で終了といわれているのも現実味を帯びてきました。これからのiPhoneXの先行きにも注目していきたいですね。

渋谷店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険