街の修理店が見ているポイント| iPhone修理のダイワン

iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

街の修理店が見ているポイント

[2018/03/23]

皆さんこんにちは〇彡

 

ダイワンテレコム

渋谷道玄坂店です!

 

iphone修理のタイミング……

それは唐突にやって来ます。

 

大抵は画面が割れてしまい……保証は切れてるし……安いし、早いし……街の修理店に行こう!と、なりますよね!

そんな時、傷付いたiphoneを我々修理屋はどんなところに注意しているか、ご紹介します!

 

 

フレームチェック

まずはフレームの歪み具合をチェックします。

特に四隅はへこみ・ゆがみやすい度NO.1なので、よーくチェックをします。この時点で修正できそうな歪みはパネルを外した後に修正をします。でないと、いざパネルをハメる時に上手くはまらない場合があるからです。

と言うのも、交換するパネルはiphoneにピッタリハマるサイズで作られています。割れたパネルはフレームのと共に歪み、傷付いているのでピッタリハマっているように見えますが、新しいパネルはそのフレームの歪みには対応していないので、歪んだ部分に隙間が出来たり、ハマりきらずに浮いてしまったりするからです。

 

 

パネル・バッテリーチェック

どんな修理をするにしても、一度パネルとバッテリーを外します。

その時にパネルやバッテリーに膨張やケーブルの切断は無いかや、他店さんの修理跡がないか確認をします。多くの修理店がそうであるように、当店でも他の修理店で修理された痕跡のある端末は保証対象外となります。「譲り受けた端末なのでわからない」という方でも、純正ではないパネルには必ず製造元の印や修理店の印がつけられているので、修理の跡は見つけられます。稀にドックコネクタやカメラに修理跡がある時もありますが、修理跡があるのは90%パネルかバッテリーです。

 

 

水没反応チェック

端末を開けると水没反応シートが2か所あります。

どちらか1つでも水没反応がある場合には水没端末として修理を行います。水没反応がある場合も保証対象外となります。水没反応あるという事は、1度は内部まで液体が通ったことになります。今は動いている状態だとしても、基盤の僅かな損傷や腐食が進行していく可能性があります。つまり、今後、どのような症状に陥ってもおかしくない状態と考えて良いでしょう。修理屋で画面修理をして「水没反応がありましたよ」と言われた際は、バッテリーくらいは追加で交換しておくことをオススメします。

 

ドックコネクターチェック

なんやかんやで修理が終わった後に密かにチェックしているのがドックコネクタです。

ドックコネクタとはなんぞや?と思う方もいるでしょう。分かりやすい日本語で言うと充電器差込口です。iphoneのドックにはカバーがついていないので、とっても埃が入りやすいです。それを放っておいてどんどん充電器を挿していくので、奥に埃が溜まっている端末が、なんと4割くらいあります!ドックコネクタの修理希望で埃が原因で効かなくなっていた事例は3割くらいあると思います。(※私の独断と偏見です)

 

見た目だけでなく内部まで

このように、たとえバッテリーだけの修理であっても、出来る限りの内部クリーニングは施しています。特に、埃・細かいゴミ・割れたガラス・ペットの毛は内部に溜まりやすく、そしてショートの原因にもなるので、何もしていないのに突然iphoneが点かなくなった……なんてこともあり得ます!

 

 

不要な修理はもちろん要らないですが、修理をするなら徹底的に施していきたいと思っています!我々修理屋は常にいろんな情報を取り入れているので、少しでも気になる事があればお気軽にご質問ください☆彡

 

渋谷店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険