AppleはiPhone11 Pro Maxの生産台数を削減か

[2019/10/26]

こんにちはアイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店のFujiです。

先日発売となったiPhone11シリーズですがiPhone11は売れ行き好調だが、iPhone11Pro Maxの生産台数を削減することになったみたいです。

全体的な部品の注文数は変わらない

今年に発売荒れたiPhoneモデルの中で一番廉価なiPhone11の売れ行きは好調とされていて既に9月の販売開始から1,200万台売れている、とRosenblatt Securitiesのおアナリスト、ジュン・チャン氏が述べています。

 

この数字は、昨年のiPhoneXRと比べて15%増となります。チャン氏は、iPhone11は160万台増産されるとも予想しています。

好調のiPhone11とは別にiPhone11ProとiPhone11Pro Maxの売上台数はiPhone XS、iPhone XS Maxと比べて15%少ないとチャン氏は見積もっています。

そしてiPhone11Pro Maxの生産台は需要が弱く200万台削減されてしまうとも予測していますが何故だか全体的な受注数に変化はないようです。

やはりサイズも大きく価格も結構高めなので需要としてそもそも多くはないのでしょうか。確かにあの大きさは男性からしても大きいと思いますからね。機能やバッテリーの持ちは今までで一番品質が良いとされているので一度使ってみたいなと思いますが、1週間とか安くお試しレンタルみたいなことしてくれないかな、、、。

尚、iPhone11シリーズは発売当初、品薄状態が続いていましたがジュン・チャン氏いわく部品が不足していたわけではなく、生産能力の欠如によるものだと述べています。

2020年上半期モデルのiPhoneの生産台数

ジュン・チャン氏は2020年第1四半期と第2四半期のiPhone生産台数は前年より減少すると見ています。

2020年に遂に発売されるんじゃないかと期待されるiPhoneSE2は四半期ごとに300万台ほどにとどまるんじゃないかとも言われています。

期待されているiPhoneSEのサイズ感は継承されずiPhone8と似たものになり、販売価格は399ドル(約43,320円)からになると推測されています。

SEファンはあのサイズ感が好きなのに、、、と思いますが、FaceIDや新機能を搭載するとiPhone8のサイズにしないと難しいのではないでしょうか。

おそらくiPhoneSEファン的にはFaceIDはいらないからホームボタンでいいという方も多いでしょうが、そうなってしまうとiPhone8との差別化も難しくデザイン面でも苦しくなってしまうのではないかと個人的思ったりするのでした。

source:iPhonemania

Photo:iPhonemania

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0041
東京都神南1丁目20−15和田ビル2階

0120-790-768

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中